お役立ちコラムお役立ちコラム

SDGsで考える社会貢献と段ボールパーティション

環境にやさしい理由



SDGs(エス・ディ・ジーズ)とは、2015年9月に国連サミットにおいて決められた国際社会共通の目標であり、Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)の略称です。

【参考】「SDGsとは? | JAPAN SDGs Action Platform | 外務省」https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/about/index.html

企業の社会的責任といった見地から、直接関わりのない社会貢献に評価を求めていたこれまでとは違い、継続して取り組み続けるために本業や自社内で取り組むことが今後必要となっていきます。

SDGsの概要と企業が取り組むべき課題への理解を深め、資源やエネルギーのecoサイクルを見出すなど、社会に貢献できる具体的な対策を探りましょう。 




SDGsの概要と意図


目標に掲げられたSDGsの概要と意図


SDGsは2030年までを期限とする17の国際目標と、そこに含まれる169のターゲットによって構成されています。(「持続可能な開発のための2030アジェンダ」)
SDGsに掲げられた社会問題は、それぞれ相互に関連しているため、問題の解決を探るためにはさまざまな視点や立場からのアクションが重要と言えるでしょう。

地球上の誰も置き去りにしない!


SDGsの取り組みには、いくつかの特徴があります。まず、発展途上国や先進国が一丸となって行動をするという普遍性や、社会・経済・環境といった不可分のものを総合的に取り組む統合性です。
そして、あらゆる立場の人がそれぞれの役割を担う参加型であり、モニタリングなどの可視化で定期的にフォローアップする透明性、さらに人間の安全保障に基づく「地球上の誰一人として取り残さない」といった包摂性のある社会を目指しています。


企業がSDGsに取り組むべき理由


国連や政府の採択した目標が、蚊帳の外で報じられているだけと感じている企業や団体も多いのではないでしょうか。SDGsの取り組みは、もはや企業や団体だけにとどまりません。なぜ、これほどSDGsがあらゆる人を巻き込むものなのか確認していきましょう。

SDGsが企業から注目される理由


SDGsが設定される以前から、機関投資家が企業への投資をする際に、ESG(環境・社会・ガバナンス)の課題を反映させるということが国連で提唱されていました。企業の財務情報だけではなく、環境や社会への責任を果たせているかといった情報も重視すべきであるということです。
この流れ受けて、投資を受ける日本でもESGが重要課題であると認識するようになりました。このESG課題を反映させることが、SDGsの取り組みと密接に結びつくのです。

社会問題への取り組みが企業評価につながる


政府や企業、教育現場、地方自治体、個人にいたるまで、SDGsの目標課題は浸透してきつつあります。日本のSDGsモデルとしての成功例を模索する中、社会問題への取り組みそのものがニュースとなり、社会貢献への努力を忘れない企業としてのステータスが加わることになるのです。
社会問題への責任を果たすと同時にイメージアップにもなるSDGsの取り組みは、今後さらに加速することが予想されます。


ハニカムボードパーティションからSDGs を考える




当社が販売しているハニカムボードパーティションはハニカムボードという強度のあるダンボール素材を利用したパーティションです。
段ボールは原料の90%以上が使用済の段ボールから再利用されています。回収率は90%、リサイクル工程においても環境負荷が少なく、繰り返し使用できる非常に優秀な資源です。

軽さと強度を兼ね備えたパーティション


段ボールは箱として使うことが一般的であるため、パーティションとしてイメージしにくいのではないでしょうか。段ボールパーティションは、軽さと強度を兼ね備えた段ボールを使用することにより、自在にレイアウトすることが可能です。また使用しない際には、折りたたんで収納することでスペースを有効利用できます。

コストパフォーマンスに優れています


金属製のパーティションに比べパーティション自体の価格も優れているほか、折りたたんで省スペース化することで収納スペース確保にかかるコストも削減されます。
また、軽量で簡単に取り扱いができるため、設営・撤去も外部業者に依頼する必要がありません。軽量であることは輸送コストの削減にもつながります、

商談ブース、日よけ・目隠し、飛散防止、多種多様な使い道


段ボールといえども、しっかりとしたパーティションであるため、商談ブースや展示会場などの間仕切りにも威力を発揮します。
さらにハニカムボードパーティションの活用方法は間仕切りとしてだけではありません。製品を紫外線から守る日よけとしての使い方、視線を遮るための目隠し、作業場で生まれたゴミや破片が飛散しないように遮る壁など、ありとあらゆる場所・用途で利用できます。

災害時の急な備えにも


台風が近くなってホームセンターに急いで養生シートを買いに行ってもすでに売り切れ。
強風や飛来物で窓ガラスが割れて部屋に入ってきたらどうしよう。
そんなときも窓枠に段ボールパーティションをはめることで対処可能です。シンプルな構造ゆえに応用がきく、それもハニカムボードパーティションの特長の一つです。

最後は資源ごみに、そしてまた段ボールとして生まれ変わります


通常のパーティションであれば、不要になった際には廃棄処理が問題となりますが、ハニカムボードパーティションなら資源ごみとして処分することが可能です。段ボールのリサイクルシステムにより、段ボールの材料として再利用されることになります。
一枚で二役、三役と様々な場面で活用できるハニカムボードパーティションは、リサイクルされまた別の段ボールとして生まれ変わります。
こうして資源を循環させて有効に活用していくことが理想的な環境づくりにつながっていくでしょう。


まとめ


SDGsは、持続可能な世界をつくるために掲げられた世界共通の目標であり、地球上の誰も置き去りにしないというメッセージが込められた普遍的な取り組みです。また、SDGsは官民一丸となって推し進めるべきものであり、企業が積極的にこのような社会問題へ取り組むことは、企業のイメージを高めることにもつながります。

段ボールのようにゴミにならない資源をリサイクルやリユースで循環させることも必要です。SDGsへの取り組みの1つとして、企業ができる社会貢献を身近なところから始めていきましょう。

PageTop