お役立ちコラムお役立ちコラム

会場設営はパーティションで変わる?活用すべき段ボールパーティション

手軽に設置

ビジネスシーン、カフェ、自宅、作業場…、場所を問わず活躍し、その時によって使い方を選べるパーティションは説明会やイベントブース、会場設営にも欠かせない存在といえます。

目隠し効果や仕切りとして使用するだけではなく、空間作りや導線の確保などにも役立てることができるでしょう。




ブース設営に欠かせないパーティションの重要性


会場設営と一言にいっても、その設営方法は企業によりさまざまです。
開催するイベントや説明会の規模によっては、来客者が一堂に会するため広い場所を設ける必要があるでしょう。
会場では導線の確保や見やすいブース設計などが求められますが、空間作りに必要となるのが「壁」であり、パーティションを使用することで、その重要性がわかります。

しっかりと空間を分ける


説明会やイベント時、大きな会場にそれぞれスペースを作る必要があるでしょう。そのような際、パーティションで空間を分け、わかりやすいようブースを設けることで、より快適な会場設営ができるようになります。
隣接する空間にパーティションを設置することで、目隠し効果や視覚的遮断ができるようになります。壁を作り出し、他の人を気にすることなく、集中できる空間が完成するでしょう。

導線の確保に役立てる


パーティションは空間を分ける役割の他に、導線の確保も出来るようになります。誘導したい場所に設置することで道順を作り、混雑時にも導線としてしっかりと役立てることができるでしょう。

ブース設営で高い完成度を実現する


広い会場に少ない衝立、机と椅子で会場設営をするよりも、パーティションを活用しブースとして個別にスペースを確保すると良いでしょう。ブース設営することで見てほしいものや伝えたいことが明確になるため、それぞれに合った空間を生み出すのが会場設営を成功させる秘訣といえます。

展示品を見やすくする


さまざまな商品や展示品を並べる際、パーティションで1つ1つ見せたいものを分けることで、ディスプレイの幅が広がります。

これにより見る側にとっても、展示品が見やすくなるメリットとなるでしょう。



パーティション素材の新提案、段ボールパーティション


パーティションはアルミ製やプラスチック製、スチール製など種類が多く、それぞれ用途によって使い分けることで効果的に利用することができます。

さまざまな種類がある中、ご利用いただく機会が増えているのが当社、株式会社紙源が製造・販売する段ボールパーティション、「ハニカムボードパーティション」です。


強度と軽さの両立


「ハニカムボードパーティション」は、2枚の板紙の間に6角形のつながった心材を挟んでいる、ペーパーハニカム(蜂の巣)構造になっています。
このペーパーハニカム構造により紙素材ながらしっかりとした強度をもつパーティションとなっています。

軽いパーティションは設営に便利


厚さ1.6cm、重さ2~3.5kgほどしかなく、女性やお子さんにも持ち運べる超軽量素材が特徴です。さらに、「ペーパーハニカム構造」により、軽さからは想像できない強さを生み、これによって「軽くて丈夫」なパーティションを実現しています。

究極のエコ素材、段ボール


段ボールはリサイクル回収率も95%をほこり、さらに90%以上の原料が使用済みの段ボールから再利用されている優秀なリサイクル資源です。
そのリサイクル工程においても環境負荷が少ない、まさに究極のエコロジー素材です。



会場設営には段ボールパーティションが優秀!


そんな段ボールパーティションは、会場設営においても多くのメリットがあります。


軽量だから運搬・設置が楽にできる


重さ2~3.5kgと軽量なため、運搬から設置まで楽に行うことができます。会場設営では、さまざまな場所を利用するため、その場ですぐに組み立てる必要があるでしょう。
段ボールパーティションには、1人で設置から撤去まで行えるメリットがあるため、重いパーティションを複数人で持つよりも、短時間で簡単に会場を作り上げることができます。

高いコストパフォーマンスを実現


アルミ製やスチール製のパーティションは、設置や撤去費用がかかる場合がほとんどです。
さらに、会場設営ではブース作りや導線確保など、多くのパーティションを使う必要があるためコストがかかるでしょう。
しかし段ボールパーティションは、素材が段ボールでできており他のパーティションに比べ、コストが安く済みます。
また撤去の際は、資源ごみとして廃棄できるのもメリットです。

このようなことから段ボールパーティションを使用することで設営時の費用が抑えられ、高いコストパフォーマンスが実現するでしょう。


テープファスナーで簡単に連結可能


段ボールパーティションには、テープファスナーが取り付けられ、簡単に連結することができます。説明会やイベント時など必要に応じてパーティション同士を連結し、個室やブースを自由自在にレイアウトできるでしょう。

また柔軟な空間作りが実現できるため、さまざまな会場設営に対応可能となります。


折りたたみ収納可能で保管場所も省スペース


不定期に開催する説明会やイベントではパーティションを保管しておく必要があるでしょう。段ボールパーティションは自立用のスタンドもほぼパーティション本体と同じスペースに格納することができるため、収納に広いスペースを必要としません。

また、収納場所が確保できない場合はお預かりサービスを利用することも可能です。



まとめ


会場設営やイベント、説明会などに必要不可欠な存在となっているパーティションですが、その役割は多種多様にあり、使い方を十分に発揮できていないケースも中にはあります。

広い会場を使用する場合、パーティションを効率的に活用し、空間作りやブース設営、導線の確保を意識しながら、会場設営してみるのがおすすめです。

さらに、段ボールパーティションは軽量かつ強度があり、コストも安くリサイクルできるメリットがあるため、他のパーティションに比べ、より柔軟な対応が可能になります。

段ボールパーティションを使用し、環境保全をするとともにレイアウトの幅を広げるのもポイントです。


パーティションを最大限に活用することは、ブース設営における重要な部分と言えます。パーティションを上手に活用し、今まで以上に完成度の高い会場設営を実現しましょう。

PageTop