お役立ちコラムお役立ちコラム

リサイクルで環境にも優しい!エコロジーな段ボールパーティション!

環境にやさしい理由
身近な素材の一つである段ボールは、梱包材として私たちの生活に欠かせない素材の一つです。普段使い捨てのように使われるこの段ボール箱ですが、実は、90%以上の原料が使用済みの段ボールから再利用されています。
段ボールは原材料のほぼすべてを日本国内で賄え、繰り返しリサイクルできる環境負荷の少ない優れた素材です。




環境負荷の少ない段ボール


段ボールは段ボールからできている!


段ボールはリサイクル回収率95%をほこります。さらに、段ボールは原料の実に90%以上が段ボールでできており「繰り返しリサイクルできる」非常に優秀なリサイクル資源です。

土に還元する安心素材!


段ボールは、古紙とパルプと呼ばれる木材の繊維質と糊でできています。古紙は木材由来のパルプから、糊はコンスターチと呼ばれるトウモロコシ100%の植物由来の成分でできており、土への還元が可能な地球に優しい素材です。

リサイクル工程が容易


紙と糊だけでできているため、水に浸しておくだけで繊維状に戻り、再原料化が鉄やアルミと比べ非常に簡単です。リサイクル工程においても環境負荷のが少ないのも大きな特長です。



まだまだある、段ボールの「ここがすごい!」


段ボールはリサイクルが可能なエコロジー素材である以外にも、多くの機能的な特長をもっています。

優れた加工性


段ボールは紙でできているため、加工性に優れています。用途にあわせて様々な寸法、形状の段ボールを製作できます。代表的なものとして段ボール箱があげられますが、それ以外にも商品に合わせ最適な寸法に設計することで高い緩衝性や商品固定性をもち、商品の安全性も高まります。

軽くて丈夫でコンパクト


段ボールの中空構造に由来しますが、段ボールは丈夫なのに軽いのも優れた点の一つです。運送、運搬時では、作業員の負担を軽減し、さらには、厚みがないことで効率よく荷物を積むことができ、配送コストの削減も可能でしょう。



優れた素材を活かした「段ボールパーティション」


段ボールは生産から処分まで環境負荷のかからない優秀なリサイクル素材かつ、機能的にも優れた素材であることはおわかりいただけたでしょうか。

株式会社紙源ではそんな段ボールを材料としたパーティション、「ハニカムボードパーティション」を取り扱っています。


リサイクル原料からの製造


上記にも述べたように段ボールは、90%以上が使用済み段ボールからのリサイクルです。段ボールパーティションも原料を再利用することで、環境の負荷を減らすことが可能です。

運送コストの削減


アルミや布などの自立式パーティションと異なり、重ねてコンパクトに収納でき、中空で重さも軽いので、効率よく運搬ができます。運送コストの削減にも繋がりますし、ガソリンの使用などに伴う環境負荷を減らすことができます。

リサイクル資源として処分


不要になった段ボールパーティションは、リサイクル資源としてリサイクルが可能です。また、新たな段ボールとして生まれ変わるでしょう。汚れなどがひどい場合は、焼却処分もでき、埋め立てた場合はそのまま土に還元していきます。



段ボールパーティションから環境問題を考える


昨今、ビンや缶、ペットボトル、段ボールといった資源をリサイクルし再利用することが身近な世の中になりました。
資源には限りがあり、いつかは全てを使い果たしてしまいます。

物が溢れかえる現在、資源の無駄使いや今後のあり方を世界的な課題としてとらえていかなければなりません。



限りある資源を守る「3つのR」


日本では多くの資源を外国から分けてもらうことで、生活に必要なもの作り出しています。その資源には限りがあり、近い将来には底をついてしまうと言われ状況は深刻です。そこで取り組まれているのが「3R」です。「3R」は、無駄を削減し資源の使用量を減らすReduce(リデュース)、繰り返し物を使うReuse(リユース)、一度資源に戻し有効活用するRecycle(リサイクル)の3つのRの総称で、「循環型社会」を目指すため、国の政策として力を注いでいます。

「資源有効利用促進法」の施行


循環型社会を形成していくために必要な3Rを促進していくことを目的に、2001年4月「資源有効利用促進法」が施行されました。
3Rの取り組みが必要となる企業(業種)や製品に対して政令で指定し、企業が自主的に取り組むべき内容を定めることとしています。
必要となる資源を全て国内で賄うことができない日本は、今後さらに消費・廃棄型から循環型の経済システムへ移行を加速させなければなりません。
そのためには、全ての企業が3Rを理解し、問題解決へ踏み出さなければならないとされています。

【参考】「経済産業省_3R政策」
https://www.meti.go.jp/policy/recycle/main/admin_info/law/02/index.html

リサイクルで地球環境へ貢献


資源の活用方法について世界的に考えられている今、この「3R」への働きはとても有効です。さまざまな場面であれ、リサイクルが可能な「段ボール」を活用することは、環境問題への取り組みであり、地球環境への貢献と言えるでしょう。資源の有効活用は世界的な課題であり、社会全体で向き合い取り組むべきことです。

段ボールパーティションを利用することで、企業として問題解決へ取り組む意識が、これからの未来には重要と言えるでしょう。



まとめ


段ボールは繰り返しリサイクルできる優れたエコロジー商品です。さらに、軽く丈夫で加工性も良いためさまざまな場面へ活用できるうえ、コンパクトに重ねられるので運搬を効率的に行えます。

今後はエコの観点からも、マイクロプラスティックを生み出すプラスティックではなく、植物由来の紙製品に移行が望まれ、更なる技術改良が進むでしょう。限られた資源を大切にし未来の地球を守るため、リサイクル可能な段ボールパーティションの活用をとおし、身近なところから地球環境への貢献を考えていきませんか?
PageTop