お役立ちコラムお役立ちコラム

遮光や日よけにパーティションを活用して紫外線から保管品をガード!

利用方法
一時的に会社で商品や在庫を保管することになったとき、どのように保管をされていますか。一時の保管のはずが、場合によっては長期に及んでしまうといったこともあるでしょう。商品を保管する際に気になるのが「劣化」です。商品の劣化の原因となる紫外線は主に窓から入ってきますが、実は、室内の蛍光灯にも紫外線は含まれています。

劣化の原因となる紫外線を防ぐ方法の1つとしておすすめしたいのが、パーティションの活用です。パーティションを日よけ・遮光壁として活用することで、突発的に商品や在庫を保管したいニーズにも役立ってくれます。


遮光・日よけとしてのパーティション


パーティションは、空間を間仕切るための簡易的な壁です。備え付けの壁ではないため、自由に空間をレイアウトし、適度な大きさに区切ることで効率よく空間を活用できます。
オフィスや住宅などのレイアウトに利用されることの多いパーティションですが、実は遮光・日よけとしても活用します。太陽光に含まれる紫外線は窓ガラスを通過し、日焼けを起こします。パーティションを活用し、社内で一次的に保管している商品や在庫が日焼けしないよう対策を行いましょう。

なぜ日焼けするか


物が変色するのは、日光に含まれる紫外線により化学変化を起こすためです。実は日光ばかりでなく、蛍光灯にも紫外線が含まれています。
貨物の段ボール箱などの印刷に使用されるインクは主に染料系塗料です。紫外線に非常に弱く、直射日光下に置くとすぐに劣化し変色してしまいます。

外からも中からも紫外線を防ぐ対策


貨物を保管する専門の倉庫では、窓は黒いフィルムなどで覆い、紫外線による製品の日焼けを防止するだけはなく、照明にも気を使い紫外線防止・飛散防止型蛍光灯を使用していることが多いです。
一般的なオフィスでは、日光が真っ直ぐ商品に当たらないよう窓に紫外線防止フィルムを貼る、遮光カーテンを使用したり、ケースに保管するなどの対策が重要です。また、照明にも気を配る必要があるでしょう。

パーティションで遮光・日よけするメリットは?


一次的な商品や在庫保管のために室内環境を整備するのは意外と大変なものです。

そこでパーティションを活用し、遮光・日よけを行い紫外線を防止します。背の高いハイパーティションで空間を囲ってしまえば、外からの紫外線も照明による中からの紫外線も防ぐことができます。必要に応じて設置したり、保管したい商品の量に合わせてスペースを区切ることも可能です。



便利なパーティションのタイプ


パーティションといっても様々なタイプがあります。使いやすい便利なパーティションをタイプ別にみていきましょう。

出し入れ簡単!置き型タイプ


置き型は、自立式や折りたたみ式、伸縮式、連結式のものなどがあり色や素材も豊富です。工事が不要で搬入した当日から使用でき、必要に応じて部屋やスペースを使いやすく変更することが可能です。施工が必要なタイプのものに比べて低予算で導入することができるでしょう。また、使わない時やスペースを広く使いたい時は畳んで収納しておけるので、柔軟なオフィスレイアウトが可能です。
素材は、金属製からガラスや木製など様々で、収納時にスペースを取らず扱いやすさから、段ボールパーティションが注目を集めています。

完全に区切れる間仕切り型(要施工)


間仕切り型のパーテーションは、スペースを完全に区切り一つの部屋を作ることができます。天井付近にすき間のないタイプのものは遮音性が高く、重要な会議や打ち合わせなどにも重宝します。
業者へ依頼し施工工事が必要なため、不要の際には簡単に撤去というわけにはいきません。ある程度長期の利用が見込まれる際に、導入すると良いでしょう。

吊り下げ型


吊り下げ型は、天井内に設置したレールにぶら下がるタイプの移動型パーテーションをいいます。スライディングウォールやアコーディオンドアなどがあり、設置さえすませば必要な時にセッティングしたい所にスライドさせ、簡単に空間を作ることができます。
広々とした大きな会場を区切って手ごろなサイズのスペースにしたり、また小部屋を大人数用の空間に変更することも容易です。




リサイクルもできる!エコで便利な段ボールパーティション


段ボールパーティションは、段ボールでできたパーティションで、ハニカム構造の段ボールが特徴です。2枚の板紙の間に蜂の巣(ハニカム)のような6角形の空間のつながった心材を挟むことで「軽さ」と「丈夫さ」の両立を実現したパーティションです。


人を選ばない扱いやすさ


段ボールパーティションはとても軽量なため、扱う人を選びません。
大きさにより差はありますが、1枚あたり、2~3.5kg程度と女性や子供でも運ぶことができます。軽さのわりには、心材のハニカム構造のお蔭で十分な強度を発揮します。また、自立して使用ができ、テープファスナーで連結可能と簡単に設置できるため時間がかかりません。

使わない時はスマート収納


段ボールパーティションは、ハニカム構造で頑丈な作りをしていながら、厚さは1.6cmとかさばらない厚みです。コンパクトに重ねて収納できるため保管場所に困らず、使わない時は省スペースで保管できるのは優れた利点でしょう。また、必要に応じて保管サービスの利用も可能です。

劣化したら気軽に交換


パーティションを遮光・日よけの役割として使用した際、パーティションそのものも紫外線により日焼けし変色していきます。
長期に使用した場合、日焼けで色あせたパーティションは外観が悪くなり、不衛生にみえてしまうこともあります。比較的安く購入でき、リサイクルが可能な段ボールなら気軽に交換し気持ちよく使用できるでしょう。

不要なパーティションはリサイクル可能


パーティションを処分しようとすると、解体や撤去、運搬、廃棄など様々な費用が発生します。そのうえオフィスから出されるものは、産業廃棄物として分類されるため簡単に処分できません。
その点、段ボールパーティションは不要になった際に、資源ごみとしての処分が可能です。(自治体の回収ルールによって異なります。)
ごみとして出された段ボールはリサイクルされ、また新たな資源として生まれ変わるため、段ボールパーティションの利用は資源の有効活用につながります。
これは他の素材のパーティションにはない、優れた特徴といっていいでしょう。



まとめ


会社の商品や在庫をオフィスに一時的に保管する必要があるなど、突発的なニーズにもパーティションは役立ちます。

様々な種類のパーティションがありますが、置き型のパーティションなら必要に応じて素早く設置することができ、日焼けや劣化の原因となる紫外線が商品に当たらないように保管することができるなど多くのメリットがあるでしょう。

また近年、リサイクル可能な素材として注目を集める段ボールパーティションなら低予算で目的に応じた利用ができ、手軽に利用することが可能となります。
間仕切りとして、一時的な商品・在庫の保管の際にも有効に使える段ボールパーティションをオフィスに備えてみるのはいかがでしょうか。 

PageTop