お役立ちコラムお役立ちコラム

パーティションのサイズはこう決める!目的に合わせた選び方

特長・機能
一言でパーティションといっても、様々なサイズや高さがあります。

幅や厚さもそうですが、特に高さに関しては数十センチのものから天井までぴったりとふさぐものまで、実に種類が豊富です。


パーティションは、高さによって使用用途や効果が全く違っています。
パーティションをより効果的に使うためにも、高さごとのポイントや効果を理解し、目的にあったパーティションを選びましょう。




パーティションサイズ(高さ)の違いによる使用方法


パーティションの種類は、サイズを基準に大きくふたつに分かれます。
ひとつはローパーティション、もうひとつはハイパーティションです。
ハイパーティションとローパーティション、さらにいくつかの高さの段階によって、視覚効果や使用方法が変わってきます。どのような違いがあるか、高さごとに説明しましょう。

座って顔が隠れる程度の高さ(1200mm以下)


デスクに座った際、下を向くと視線が遮られる高さになります。
頭を上げると周りが見渡せるため、個人デスクの周りに設置をすれば、デスクに向かう業務中に集中力を高めることができます。

立つと頭が見える高さ(1600mm前後)


座った状態では完全に頭まで隠れ、立った状態で周りが見渡せる程の高さです。
ある程度プライバシーを重視したい場合はこの高さより上にすると良いでしょう。完全に頭上を遮るわけではないので圧迫感もさほど感じず、フロアを広々と見せることができます。

立った状態でも完全に隠れる高さ(1800mm以上)


人が立った状態でも、全く周りが見えない高さです。
圧迫感や閉塞感はありますが、目隠し用のパネルや、個室を作る際に適しています。

ハイパーティション


ハイパーティションの場合は、天井に固定するため、フロアを区切って部屋を作りたい際に多く用いられます。

施工工事が必要なものが多いため、導入には事前に検討が必要です。



高さ別のおすすめ使用例


パーティションは高さの違いで使用方法や効果が大きく異なります。
次に高さ別による導入例もいくつか挙げてみましょう。

デスクの目隠し


デスクの目隠しとして設置をするなら、ローパーティションの中でも低いものがおすすめです。
座ると顔が隠れる程度の高さ(1200mm以下)であれば、丁度下を向いた時だけ視界が隠れて業務に集中できることでしょう。
立つと頭が見えるほどのさらに高いサイズ(1600mm前後)でも集中力を高めるには良いですが、高くなればなるほど圧迫感が増します。

会議室やミーティングスペース


会議室やミーティングスペースには、ある程度のプライバシーが必要です。
立つと頭が見える高さ(1600mm前後)であれば、気軽に使える上に、見渡した際にフロアも広く見えるような空間を作ることができます。

個室が欲しい


個室のような空間が欲しい場合には、人が立った状態よりも高いものを選びます。
その上で時折レイアウトを変更したいならローパーティション、変更しないならハイパーティションを選び、更に防音性を保持して機密性を高めたいのなら密閉タイプにすると良いでしょう。



サイズ選定の際の注意点


ここまでのことを踏まえ、パーティションのサイズ(高さ)を決める際にはいくつかの注意点に気を付けましょう。

高さが使用目的に合っているか


今まで紹介したように、パーティションは高さによって得られる効果が違ってきます。
何を目的にパーティションを設置するのか、効果的に活かせるサイズになっているかを考えて高さを決めましょう。

天井の高さとのバランス


人だけを基準にして高さを決めると、実際に設置してみた際に、フロアとのバランスが悪かった・上部に空間ができすぎてしまったなどという失敗を引き起こす原因になります。
建物によって天井の高さは違うので、フロア全体とのバランスを見ながらパーティションのサイズを決めましょう。

空調や消防設備は問題ないか


ハイパーティションや背の高いパーティションを使用する際には、空調や消防設備にも注意が必要です。例えば、空間を密閉するタイプのハイパーティションは独立した空間を作ることが可能ですが、空調や消防設備が他の部屋と共有できず、追加で必要になることがあります。
その他にも、高さのあるパーティションを使用する際には、排煙や空調の効き方に影響するので、空気の流れが悪くならない場所に設置するなどの注意が必要です。



段ボールパーティションのおすすめ


このように様々なサイズ展開があるパーティションですが、近年注目されている新しい素材のひとつとして、段ボールパーティションがあります。

段ボールパーティションが注目されている理由はどこにあるのでしょうか。



自由にサイズをオーダーすることが可能


段ボールパーティションのメリットのひとつに、幅最大120cm・高さ最大200cmまで10cm単位で自由にオーダーをすることができるという点があります(納品場所への運搬・使用上の安全に問題がなければ、さらに大きなサイズもオーダー可)。サイズを細かく指定して、用途や目的にあわせてイメージ通りの空間を作ることができます。

サイズの変更や加工がしやすい


ハニカム構造という特殊な構造で「軽くて丈夫」を実現している段ボールパーティションですが、もともとの素材は紙であるため、加工が容易に行えます。
設置後に用途が変わっても、加工してサイズ変更することが可能です。
別のパーティションを新たに用意することなく使用し続けることで、経済的にもメリットとなるほか、廃棄・処分の手間もかかりません。

使いたいときに使いたいだけ使用できる


使用しない際には折り畳んでコンパクトに保管をすることができるため、展示会やイベントなどで必要な時に必要なだけ使う場合にはとても便利です。非常に軽い素材でできているため、収納作業も容易に行うことができます。
未使用時にはパーティションを預けられるサービスもあり、限られたスペースを有効活用するのに最適です。



このように、段ボールパーティションは、ローパーティションとして非常に使いやすい素材といえるでしょう。



まとめ


パーティションには、高さによって適した用途がそれぞれ違っています。
機密性・プライバシー・空間活用など、今使用されているパーティションは、きちんと目的に適したサイズになっているでしょうか。
パーティションの用途と目的をより効果的にするためにも、素材やサイズ、レイアウトをぜひ定期的に見直してみてください。

PageTop