お役立ちコラムお役立ちコラム

パーティション処分の悩み解決!段ボールパーティションのススメ

手軽に設置


パーティションと呼ばれる間仕切りは、リフォームや工事に比べ圧倒的に低コストで自由に空間を生み出すことができるので、様々な場面で活用されています。
しかし、一時的な利用が終了したり、レイアウトが再検討、使われていたパーティションを処分しなければならない場面も考えられます。そこで、使用済みのパーティションはどのような処分方法があるのか、かかる費用の目安、注意点とともに把握しておきましょう。

また、比較的処分を簡単に行えて環境にも優しい段ボールパーティションについて、あわせてご紹介します。



使用済みパーティションの処分方法と費用目安



使わなれなくなったパーティションを処分する際には、解体・運搬・廃棄のステップごとに費用が発生します。各場面での作業内容と費用目安について詳しく見ていきましょう。

解体


アルミ製やスチール製の大型のパーティションが使われなくなった場合には、業者に依頼し解体を行います。特に天井まで高さのあるハイパーティションは、素人による解体が難しいため、専門の解体業者に任せる必要があります。

費用は業者によって異なり、パーティションの材質によっても設定が変わるため、実作業前に必ず見積もりを出してもらう必要がありますが、1平方メートルあたり1,000円前後が目安です。また、作業とは別に養生費用がかかる場合もあります。

運搬


解体されたパーティションや自身で撤去したパーティションは、場合によっては数十枚にのぼり、個人で運搬することが難しくなります。さらに、パーティションの枚数が多くなればなるほど重量がかさむため、専門の作業員に運搬を依頼する必要が出てきます。

費用は解体と同様で業者によって異なり、材質ごとに設定されていますが、必要な作業員の人数によって1人あたり5,000円以上が目安です。さらに運搬に使う車両代がかかります。

廃棄


パーティションの廃棄処分には、各自治体の廃棄場まで運搬し、廃棄物処理免許を所有する専門の業者に依頼する必要があります。費用は業者ごとの差に加え、パーティションの材質や量に左右されるため、目安として事前に業者へ見積もりを依頼すると安心です。
また、廃棄物としてではなく粗大ゴミとしてパーティションを処分する場合には、地域によって廃棄処分の条件・費用が異なるため、各自治体に問い合わせましょう。



パーティション処分時の注意点



パーティションを処分する際、ただ「粗大ごみで出せば良い」と判断してはいけません。パーティション処分時に注意すべき点について、詳しく見ていきましょう。

企業の場合産業廃棄物扱いとなる


企業のオフィスなどから出たゴミのうち、オフィス移転時や什器の入替え時などに出てくる廃棄物は「産業廃棄物」として分類されます。これは『廃棄物の処理及び清掃に関する法律』によって定められ、一般的なパーティションも産業廃棄物の分類となり、粗大ゴミや資源ゴミとは区別されます。企業は事業者としての責任を持ち、法律を順守してオフィス廃棄物処理を進めなければなりません。
もし適正な廃棄物処理をしなければ、実行行為者(廃棄物処理業者)や排出事業者(処理を依頼した企業)に罰則が科せられることもあるので、注意が必要です。


処分すなわちゴミとしての取り扱いではない


パーティションの処分は、その大きさや重さ、処分方法のために、個人の力だけで行うことが難しく、専門の業者への依頼が不可欠です。
各自治体のゴミ分類のルールによっては、粗大ゴミであっても、サイズや材質によってパーティションは受け付けられていない場合も多くあります。
個人利用だから一般ゴミ、この材質だから粗大ゴミなどと、安易に判断をするのは危険です。たとえ粗大ゴミとして処分できるケースであっても、地域によって廃棄処分の条件・費用が異なるので、事前に各自治体に問い合わせ、定められたルールを守るように注意しましょう。


資源ゴミとして処分可能!段ボールパーティション



パーティションの処分には、様々な段階を経るため手間とコストがかかりがちです。そこで、活用が増加する「段ボール製のパーティション」についてご紹介しましょう。


段ボールパーティションは、資源ゴミとしてリサイクルすることができます。そのため、他の素材のパーティションと比べ、処分の際のコストが抑えられるメリットがあります。また、段ボールを活用することでの利点や、リサイクルで環境にも優しい段ボールパーティションの特徴について、詳しく見ていきましょう。

段ボールパーティションならリサイクルができる!撤去・処分も低コストに!



紙である段ボールを素材に使用している「段ボールパーティション」は、アルミやスチール製のパーティションなどと比べ、撤去や処分にかかる手間とコストを抑えることができます。

段ボール素材は、軽量で運搬や設置が楽に行えることから、撤去の際も工事や業者への依頼が必要ありません。
また、処分する際には専門の業者へ廃棄物処理などを依頼する必要もなく、通常の段ボールを資源ゴミとして出す要領で処分することができます。
日本の段ボールは95%をリサイクルするほど、とてもエコロジーな素材です。その段ボールを素材にした段ボールパーティションも資源ゴミとして処分することで、地球に優しいエコなパーティションと言えるでしょう。撤去や処分が容易であり、処分コストの削減が可能となるため、段ボールパーティションの活用は大きなメリットとなります。


設置も運搬も楽々!段ボールパーティションの魅力


段ボールパーティションは、紙を素材とした段ボール製のパーティションです。紙を素材にすることで、金属製のパーティションよりも圧倒的に軽く、厚さも薄く重ねて収納できるので、設置・撤収・収納などの取り扱いが比較的簡単にできるのも大きな魅力です。しかし、段ボールだからといって脆弱ではなく、心材が軽さと強さを両立する構造となっているため、しっかりとした丈夫なパーティションと言えます。

また、この軽さによって扱いやすく、設置や運搬を容易にすることで、輸送のコストを抑えることもできます。
さらに、金属製やガラス素材などと違い、紙素材によって価格を安く抑えることができるため、様々な場面での活用しやすさを実現しています。

メリット豊富な紙源の「ハニカムボードパーティション」



紙源の段ボール製パーティション「ハニカムボードパーティション」は、6角形の空間が繋がった心材(蜂の巣構造)を2枚の板紙で挟もことで高強度な段ボール素材を実現しています。段ボールの特徴である「軽さ」とハニカム構造による「強度」によって「軽くて強い」を両立するパーティションです。

また、ハニカムボードは好みのサイズにオーダーが可能で、必要な幅や高さに合わせて注文することができます。そのため、金属製やガラス製だと難しい幅の大きなサイズや、天井まで背の高いサイズのパーティションなども可能にしているでしょう。
さらに、テープファスナーを使い隙間なく連結したり、角をきれいに合わせて設置することができるため、しっかりとした密閉空間を作り出すことも可能です。

紙源のハニカムボードパーティションは、機能性に優れているのはもちろん、輸送や保管のコストも抑えることができるなど経済的にも優れたパーティションと言えます。
展示スペースや商談ブースなど、必要に応じて様々な活用ができるのが大きな魅力です。


まとめ


パーティションの処分は、場合によって設置よりも専門家に頼む作業が多く発生し、コストが思いのほかかさんでしまうことも考えられます。
処分の段階になって慌てないためにも、パーティションを設置する際には、使用しなくなった場合をある程度想定しておくと良いでしょう。

また、あらかじめ撤去・処分が決まっている用途では、より手軽に取り扱うことができ、処分も通常の紙リサイクルと同様におこなえる段ボールパーティションを、選択肢の一つとして検討することをおすすめします。

PageTop