お役立ちコラムお役立ちコラム

コスト削減の強い味方!中古パーティションと段ボールパーティション

コストカット



新品のパーティションに比べ、お得に手に入れられるのが魅力の中古パーティション。

希望するサイズやデザインを見つけることさえできれば、ワンランク上のパーティションを手に入れるのも夢ではありません。
お得で魅力の多い中古パーティションの具体的な購入方法や利用するメリット・デメリットを理解し、コストを抑えたワンランク上の空間づくりに活用しましょう!


中古パーティションはどんなもの?


店舗やオフィスの移転、改装、閉鎖などの際にでる不要となったパーティションを綺麗に清掃し、再び販売されるのが中古パーティションです。置き型や施工型、材質も様々なパーティションがリユース商品として、再活用されています。

中古パーティションの購入方法


購入方法は大きく分けて2つあり、実店舗での購入、またはネットでの購入となります。
中古商品ですので、希望のサイズ、デザインがすぐに見つかるとは限りません。いくつかの店を回り、希望の商品を探す必要があります。その際ネットのショッピングサイトを活用すれば、別途送料がかかる場合もありますが、複数の店舗の商品を簡単に探すのができるので便利です。

 

中古にする?しない?中古パーティションの良し悪し



エコという観点からも、パーティションなどのオフィスファニチャーのリユースは見直されつつあります。
中古パーティションを選択するメリット・デメリットを理解し、お財布にも地球にも優しいパーティションのリユースについて検討しましょう。

中古パーティションのメリット


購入コストが抑えられる

中古パーティションのメリットとして第一にあげられるのは、やはり購入コストが抑えられる点です。中古で購入した場合、新品を購入したときに比べて、20~40%価格を低く抑えることができるからです。

予算内でグレードの高いものを選べる

コストが低く抑えられるぶん、同じ予算で中古在庫さえあればワンランク上のグレードの高いものを選ぶことも可能です。

リユースで地球に優しい

まだまだ使える中古パーティションをリユースすることにより、過剰生産やごみを減らし、地球環境の負担軽減の一助となります。



中古パーティションのデメリット


サイズや仕様を自由に選べない

中古品ですので、サイズや仕様はその時々でラインナップが変わります。こちらの希望するようなパーティションが中古としてあればよいのですが、なかなか選べないのが実情です。

コンディションが一定ではない

綺麗に清掃した上でのリユースにはなりますが、消しきれない汚れや傷が残っているものもあります。中古パーティションは、コンディションが一定ではなく実物を見てから購入しないと、思ったより状態が悪かったということがあります。


中古じゃなくてもコスト削減できる!段ボール製のパーティション



中古パーティションを選択する大きな理由の一つは購入コストの削減ですが、中古以外でも購入コストを削減できればそれも選択肢の一つになり得ます。

アルミ、スチール、木製、ガラスと言った素材のパーティションと比較すると、段ボール製のパーティションは比較的安価で購入できる商品です。また、コスト以外での面でも、設置の手軽さや廃棄処分についてなど様々なメリットがあります。



段ボールパーティションのここがスゴイ


段ボール製のパーティションは、金属や木製、ガラスなどと比較し、低価格帯なのも特長で、紙を原料とする段ボールを使用する大きな利点でしょう。
また、他の素材と比較し軽量なため、扱いが容易です。搬入や設置も簡単に行えることが魅力と言えます。
さらに、段ボールは90%以上のリサイクル率を誇るほど、優秀なエコ素材です。リサイクル可能な資源を原料とすることで、地球環境に優しいパーティションを実現しています。


紙源のハニカムボードパーティション



株式会社 紙源が取り扱う「ハニカムボードパーティション」は、独自構造の段ボールを採用した段ボール製パーティションです。6角形で蜂の巣(ハニカム)のような空間をつなげた心材を、2枚の板紙で挟むことで、通常の段ボールよりも高強度を実現し、「軽くて丈夫」を両立しています。


ハニカムボードパーティションのここがスゴイ


ハニカムボードパーティションは好みのサイズにオーダーすることが可能で、ローパーティションサイズからハイパーティションサイズなど、使用するスペースや必要に応じて注文できます。
素材が段ボールと軽量なことで、通常だと難しい大きなサイズや、高さのあるパーティションのオーダーも可能です。幅10cmからサイズ調整ができ、高さは搬入に問題がなければ、上限はありません。
さらに、テープファスナーを使って連結することで、並列する際は隙間なくパーティションを設置することができるため、半個室のような空間など、密閉性の高いスペースやブースの設置ができるのも特長です。

ハニカムボードパーティションの中古・リユースがある


実はハニカムボードパーティションも中古品・リユース品の取り扱いがあります。
段ボールパーティションを選択することでコストカット、さらにそのリユース品を選ぶことでグッとコストを削減することができます。

まだまだこれだけじゃない、コストカットのポイント



段ボール製のパーティションは、素材が軽量なことで運送や搬入が容易です。搬入後の設置も、工事や専門的な作業を必要としないため、簡単に行うことができます。そのため、搬入から設置まで、一貫して工事費用などはほとんどかかりません。

さらに、パーティションが必要なくなった際も、撤去工事など専門的な作業を要さず誰でも容易に撤去することができます。また、エコ素材である段ボールは、処分する際に資源ごみとして処分することが可能です。
それにより、段ボールパーティションを処分する際も、資源ごみとしてリサイクルすることができ廃棄でのコスト削減にも繋がるなど、様々なメリットがあると言えます。



まとめ


中古パーティションは希望するサイズやデザインを探すのに手間がかかりますが、コストやエコの面からも大きなメリットがあります。急ぎでなければ気長にじっくり気に入ったデザインのパーティションを探すのもよいですし、こだわりがなければサイズだけ合わせて低コストで購入するのもよいでしょう。
また、コストとサイズ・設置スピードを重視するなら、手軽な段ボールパーティションも1つの選択肢です。 
コストと品質のバランスを考え自社の空間づくりに上手に生かしていきましょう。
PageTop