会社情報

ホーム > 会社情報

ごあいさつ

創業以来、長きにわたり古紙(ダンボール)に特化したリサイクルに関するシステム&サービスの提供をしてまいりました。
そこで、私共のビジネスのすばらしさを知ってもらうきっかけとして、平成21年7月より自社製品である連結式ダンボールブロック『積ンデコ』の製造・販売を開始。さらにリサイクルセンターまでの一環サービスを全て自社グループ内で運営することで、紙リサイクルサービスのご提供に努めております。
これまで古紙業界での活動経験を通じ、多種多様な業界・業種の方々に様々な紙のリサイクルの仕組みをご提供してまいりました。
今後も皆様と身近な紙のリサイクルを通じて将来的なビジョンを共有し、双方が喜びを感じられる関係を構築していきたいと考えております。

企業理念

― わたしたちの理念、願い ― みなさんと一緒に、
資源(紙)を循環させ、
参加する意義を見出したい

限りある資源と共存する循環型社会を目指す上で、「紙」はすばらしい性質をもった『究極のリデュース・リユース・リサイクル素材』と言えます。紙製品を「どうやって手に入れるか?」「どう使うか?」「どう分別・排出するか?」ということをしっかり考え行動すれば、全体として大きな効果が得られます。

しかしながら現状として、コピー用紙やティッシュなど日常的に安く大量に入手できる紙製品は「無くなったから買う」「使い終わったから捨てる」といったその場限りの無駄の多い使われ方をされているケースが多く、今のところそれらを監視するシステムもほとんどないために、「究極のリデュース・リユース・リサイクル素材」としての紙本来の価値を実感し辛くなっています。

こうした中、長年、古紙やダンボールのリサイクル事業に携わってきた私共は、これまで培ってきたノウハウやシステムを社会が必要とするビジネスとして認識していただき、ユーザーの皆様が紙を有効なリサイクル資源として認識できるよう、日々努力を重ねる使命にあることを痛感しています。 暮らしの中で最も身近な、古新聞の古紙、食品用紙パック、廃ダンボールなどの回収業者と提携して、原料調達、再加工・商品化・販売といった一連の流れを一社で行っている私共としましては、まさにそのリサイクルフローを一人でも多くの方に知っていただくこと。そうして生まれた紙のリサイクル製品の有効性を発信し、ユーザーの皆様に選んでいただき、喜んで使っていただくこと。

私共「紙源」は、この二つに重点を置き、資源が循環する理想的な環境づくりのために社会貢献できる会社でありたいと願っております。

会社概要

社名
株式会社紙源
代表取締役
深澤 修治
設立
平成3年3月
資本金
3,000,000円
社員数
11人
本店
東京都台東区
支店
さいたま支店
事業所
福島事業所・横浜事業所
代表お問い合わせ先
(さいたま支店)
〒330-0063 埼玉県さいたま市浦和区高砂 3-17-21
 高砂武蔵ビルディング203
TEL:048-844-3939
FAX:048-844-3930
事業内容
1.エコ・ビジネスに関する事業企画およびコンサルタント
2.再生資源、廃棄物の処理、加工技術の研究・開発・企画
3.紙製品の企画・設計・製造・販売
4.上記各項に附帯する一切の業務

アクセス

お気軽にお問い合わせください
つながらない場合はこちらへ
080-2258-8707