導入事例

キーワードで探す

パーティション連結部 隙間をふさぐ方法

パーティション

 

パーティションをテープファスナーで連結する時にできる、隙間の簡単なふさぎ方をご紹介します。

テープファスナーで連結させた場合、テープファスナーの厚み分、パーティション同士の間に隙間ができます。(写真左、黄色点線部)それを「簡単」かつ「リーズナブル」にふさぐことができます。

ご用意していただくのは、ドアや雨戸、サッシなどの隙間をふさぐテープです。今回はニトムズの「防水ソフトテープ(白)厚さ8mm×幅12mm×長さ2mを使用しました。※隙間テープはグレーや茶色が多いですが、白が一番目立たない色でお勧めです。

 断面部分にセロテープを貼ったところ

隙間テープを貼る断面部分は表面がデコボコしているため、貼りたい箇所にまずセロテープ(15mm)を貼り付け、表面を平らにします。

写真は、セロテープ貼付済の箇所(黄色枠内)を上から見たところです。



セロテープの上に隙間テープを貼ったところ

セロテープの上に、隙間テープを貼りつけます。(写真は隙間テープを貼り付け、横から見たところです)

あとは、パーティションを連結させるだけです。反対側への接着は不要です。スポンジ部分が上手く隙間をふさいでくれます。

 

お気軽にお問い合わせください