BLOG

2019/10/03材質でどう違う?アクリルパーティションと段ボールパーティションの特徴

近年、大きなフロアをパーティションで仕切って使用するオフィスが増えてきました。他にも、部屋を区切って会議室にしたり、作業スペースに変えたりと、限られた空間を有効に活用するためパーティションは欠かせない存在です。

今回は、そんなパーティションの中でも自由度が高く、おしゃれな空間づくりに欠かせないアクリル製のパーティションと、全く正反対ともいえる特徴的であたたかみのある材質の段ボールパーティションについてご紹介します。




強くてきれい!アクリルパーティションの特性


ディスプレイや看板でもよく利用されているアクリル素材のパーティションについて、特性を紹介します。

衝撃に強く安全性が高い


アクリルは強度が高く、衝撃に強いことが特徴です。
特に水族館の水槽に使われていることは有名で、他にも飛行機の窓などにも使用されています。

軽量


アクリルパーティションは非常に軽量であることも特徴です。
ガラスと比較すると約半分ほどの重さで運びやすく、移動やレイアウトの変更も手軽にできます。

加工がしやすい


アクリルは曲げたり、穴をあけたり、色を変えたり、削ったりと非常に加工がしやすい素材です。それらの特性を活かしたデザイン性の高いパーティションが多いことも、人気の理由のひとつでしょう。



ガラスパーティションとの違いは?


アクリルパーティションとガラスパーティションは見た目が似ていますが、材質でどんな違いがあるのでしょうか。比べてみましょう。

透明度


まず、無色のガラスとアクリルを比較した場合の、透明度の違いについてです。
光線透過率で見てみると、ガラスは約92%、アクリルは約93%と、ほぼ同じ透明度となっています。こちらに関して、差はないようです。

硬度・耐熱性


ガラスパーティションは衝撃に弱い反面、硬度が高いため傷に強く、熱にも強い特徴を持っています。
対してアクリルパーティションは衝撃に強く割れにくいので、安全性や耐震性に優れています。しかし熱には弱く、ガラスパーティションとは特性が大きく違うことがわかります。

耐久性


ガラスは割れやすいので一見アクリルのほうが耐久性がありそうですが、非常に劣化しにくく、衝撃さえ与えなければ耐久性は高いでしょう。

紫外線や温度に影響されにくく傷も付きにくいため、長期の耐久を求める場合ならガラスパーティション、安全性が求められる場所へ設置をするならアクリルパーティションを選ぶのが得策です。



アクリルパーティションのメリット


それぞれの材質によって、違った特性があることがわかりました。ではそれを踏まえた上で、アクリルパーティションにはどのようなメリットがあるのでしょうか。


豊富なカラーやデザインの中から選べる


アクリル素材には透明のイメージがありますが、実はカラー展開が豊富な上に様々なデザインに加工ができます。
多くの種類の中からぶことができ、オーダーメイドでオリジナルのパーティションを作ることも可能です。

安全性が高い


軽量で割れにくく、耐震性に優れているため、日本のような地震が多い国では非常に重宝します。
倒れても押しつぶされるリスクが低く、万が一割れた際にも、破片が飛び散らない作りになっています。

解放感がある


ガラスに負けない透明度があるため、パーティションに囲まれた空間でも閉塞感がなく、解放感を感じることができます。
また、採光もしやすいため、自然光や照明をうまく活かした空間を作ることも可能です。



アクリルパーティションの注意点


軽量で強く、非常に便利なアクリルパーティションですが、デメリットもあります。使用する際にはこれらの注意点も把握しておきましょう。

耐熱性が低い


アクリルの弱点として、熱に弱いことが挙げられます。
特に加工をしていない場合、アクリルの耐熱温度は約80度です。そのため、アクリルパーティションの使用は0~65度の環境下が望ましいとされています。

傷がつきやすい


ガラスに比べて硬度が低く、傷がつきやすいというデメリットがあります。
しかし、コーティング加工や、最初から傷が目立たないような表面処理をするなどして、対策をすることができます。

退色や変色の可能性がある


アクリルパーティションは、紫外線が強く当たる場所へ設置する場合、経年で一部が黄色く変色したり、カラーの場合は退色する可能性があるため注意が必要です。



段ボールパーティションについて


アクリルパーティションについてピックアップしましたが、他にも少し特徴的な素材として、段ボール製のパーティションがあります。

アクリルやガラスと全く違った材質でできている段ボールパーティションですが、こちらはどのような特性があるのか紹介しましょう。


特殊構造で高い強度


「紙だと弱いのでは?」というイメージがあるかもしれませんが、全くそんなことはありません。ペーパーハニカム構造という蜂の巣のような六角形を繋げた構造で圧力を分散し、段ボールでありながらしっかりとした強度があります。
ただ、紙製ですので燃えやすく、火気のあるところでの使用はおすすめできません。

軽量で持ち運びがしやすい


紙でできていますから、当然とても軽いです。ガラスの約半分の重量であるアクリルよりも更に軽量で、サイズによっては1枚約2~3.5kgと、折り畳んで一人でも持ち運びができる重さになっています。
連結も、テープファスナーを使用することで手軽に行えます。

コストパフォーマンスが高く、処分の際もエコ


1枚7,500円からと非常にコストパフォーマンスが高く、また処分の際には資源ごみとして出すことができます。

リサイクル資源として再利用することができるため、地球環境にも優しい作りになっています。



段ボールパーティション活用の事例


強度に優れ、軽量で持ち運びがしやすい段ボールパーティションですが、どのような活用方法があるのでしょうか。いくつかの例を紹介します。



自由なサイズ展開で空間を思い通りにデザイン


サイズを10cm単位でオーダーすることができ、オフィスの目隠しから会議室や個人のスペースづくりとして、様々な空間を自由に作ることができます。
展示会の会場やイベントブースを作る際にも、細かいところまでデザインを反映することが可能です。

持ち運びしやすくレイアウトが簡単に作れる


軽量・折り畳み可能と持ち運びがしやすくできている上に、スタンドの足もくるっと回せばすぐに出せるので、少ない人数でも簡単にセッティングが行えます。
大がかりな会場の設営などにもおすすめです。

お預かりサービスの活用


パーティションのお預かりサービスも行っています。
そのため、使用しない日は預けておくなどすれば、保管スペースがない会社でも有効に利用することができます。



まとめ


今回はガラスやアクリルのパーティションの他に、段ボールパーティションをご紹介しました。この他にも、スチールや布、木製など、パーティションには思った以上に多くの種類があり、それぞれ特性も違っています。

材質ごとのメリット・デメリットをしっかりと把握した上で使い分け、より良い空間づくりに活かしていきましょう。

2019/10/01布製パーティションの特性を理解し上手に空間演出に利用しましょう

布製パーティションは、デザイン豊富で取り換えも容易なため、雰囲気を壊さない目隠し用パーティションとして様々な場面で活用できます。また他の材質のパーティションに比べ、私たちの生活により身近な素材のパーティションといえるでしょう。そして布という特性から、他の材質とは異なった方式の設置方法も多く、多種多様な姿で空間の演出を楽しませてくれます。

布製パーティションのメリット・デメリットを踏まえ、用途に適した素敵な空間づくりを行ないましょう。




パーティションとは


パーティションとは英語の「partition」のことを指します。「パーテーション」とも発音されることもありますが、どちらも意味は同じで衝立や間仕切りなどといった空間を分割するものを表します。
パーティションは本来、固定式や可動式に関わらず空間を分割するものを指しますが、今回は布製パーティションを取り上げ、可動式のものをメインにご紹介しましょう。



布製のパーティションのあれこれ


布製パーティションは、布の固定の方法によっていくつかの方式があり、その方法によって、空間に与える印象ががらりと変わります。具体的にどのようなものがあるかいくつか例を挙げていきましょう。


パネル方式


芯材に布をしっかりと固着したタイプのパーティションとなります。中にパーチクルボードなどの芯材があるので、他の材質のパーティションのようにブースわけがしっかりとでき、パネル面にピン止めも可能です。基本的に布部分の取り外しはできないため洗濯はできませんが、スチール製やガラス製にはない暖かな印象を与えます。

スクリーン方式


枠に布を取り付ける、被せるタイプのパーティションです。布を取り外し洗濯ができます。設置方法は、スタンドやキャスター付きのもの、アコーディオンのように何枚かのパネルを組み合わせて自立させるものがあります。特にアコーディオンタイプのものは広げて大きく使ったり、コンパクトに折り畳んで収納できるパーティションです。

吊るし方式


布を吊るすことによって、部屋を分割する布製パーティションです。日本でおなじみの暖簾タイプと天上にレールを這わせたカーテンタイプがあります。特に暖簾タイプは様々な布の材質やデザインを選べたり、比較的安価にオリジナルのデザインを注文できるので様々な店舗で利用されています。



生活の中の布製パーティション


私たちの身近でも、さまざまな場面で使われている布製パーティション。その特徴に軽く触れるとともに、生活の中での具体的な使用例の一部を紹介します。

医療機関での利用


特にポリエステル製のものは、薬品やカビに強く、クリーニングも可能なことから、衛生面で気を使わなければならない病院での使用が多くみられます。また軽量のため、目隠しとして視覚を遮る必要があるときに直ぐに移動させることができ、患者さんのプライバシーを守ることが可能です。カーテンタイプの間仕切りもベットとベットを分けるパーティションとして大活躍します。布越しですので、中の様子もわかりプライバシーと看護の両立が可能になります。

生活でなじみ深いのは暖簾タイプ


布製パーティションとして私たちの生活になじみ深いのは、吊るし方式の1つである暖簾タイプのパーティションでしょう。棒と布があれば簡単に空間を視覚的に仕切ることができ、様々な材質柄を選べるので部屋や店の雰囲気に合わせたコーディネートが可能です。



布製パーティションの特性を理解しよう


布製パーティションを選択する場合、目隠しとしての機能を求めている方が多いでしょう。視覚的に空間を分割しつつも、中の様子がわかることが布製パーティションの大きな特徴といえます。メリットとデメリットを踏まえ、布製パーティションを上手に取り入れましょう。

布製パーティションのメリット


メリット1.軽くて移動が簡単!

なんといっても布製パーティションは、軽いので移動が簡単なのが魅力です。着替えや診察、来客時の目隠しなど、ちょっとしたパーティションが欲しい場面が多い方に、便利に使えるパーティションです。また、アルミフレーム、キャスター付きを利用すればより移動がスムーズになるでしょう。

メリット2.布の部分はクリーニングができる

多くの布製パーティションは、洗濯やクリーニングが可能です。衛生面に気を使いたい医療現場や、清潔感を大切にしたい店舗などは、必要に応じてクリーニングができるため、いつも綺麗な状態で使用することができます。

メリット3.幅に合わせた調節ができ収納もコンパクト

アコーディオンタイプや折りたたみタイプの布製パーティションを選択すれば、目隠ししたい場所に合わせてある程度の幅の調節が可能です。また、目隠しが必要な場合は、広げて大きく使い、使わない場合は、縮めたり折りたたんだりしてコンパクトに収納ができます。

メリット4.様々な色や柄が選べる

布を取り換えることによって、雰囲気ががらりと変わります。布のパーティションは、色や柄が選べお好みのテイストに合わせて選ぶことが可能でしょう。


布製パーティションのデメリット


デメリット1.遮蔽性が低い

布製パーティションは基本的に目隠し要素の強い間仕切りです。部屋を完全に区切るためのものではなく、遮蔽性が低く中の様子がわかってしまうので、ブースを分けるなどの目的にはあまり適していません。

デメリット2.掲示物が取り付けられない

パネル方式以外の布製パーティションは、押しピンやテープ、マグネット等で提示物が取り付けられません。完全なブースわけも難しいため、展示会などの使用には適していません。



手軽にブースわけ!紙源の段ボールパーティション


手軽さでは、布製パーティションに引けを取らない紙源の段ボールパーティション。
軽さと強さを併せ持つ独自技術のハニカムボードパーティションは、1.6cmの厚みの段ボールでも丈夫なので、手軽でしっかりとしたブースわけが可能です。


段ボールパーティションの特徴


設置が楽々!

中空の段ボールでできているため、幅90cm高さ180cmのパーティションでスタンドの重さを含めてなんと3kg。自立式の布製パーティションよりも軽く運びやすいパーティションです。

コンパクトにたため片づけやすい

コンパクトに重ねて収納することが可能なので保管場所に困りません。さらに、必要に応じて保管サービスも利用できるため、いつも綺麗な状態で利用することができます。

コストパフォーマンスが高い

材質が段ボールなので、他の材質と比べ設置費用が低く済みます。また、保管コスト・配送コストも低く抑えられるので、出し入れが多い使用を予定している方におすすめです。

ブースをしっかり分けられる

布製パーティションと違い、しっかりとした間仕切なのでブースをきっちりと分けられます。展示会や相談会などといった、ブースの独立性が必要な場合に適しています。


まとめ


布製パーティションは、私たちの暮らしにより身近なパーティションです。目隠し要素が強く、空間を遮ることなく人の視線を遮ることができるので、完全に空間を分けたくないときに最適な素材のパーティションでしょう。デザインも豊富なため、様々なテイストのインテリアに合わせ、お好みの色柄が選べるのも魅力です。

対して、段ボールパーティションは、デザイン性には及ばないものの、設置の手軽さやコスト面に引けを取りません。空間を完全に分けたいときはむしろ段ボールパーティションのほうが適しているでしょう。


どちらも、簡易的に設置できるパーティションですが、用途に合わせ適した素材を選びましょう。

2019/09/27特性によって使い分け!木製パーティションと段ボールパーティション

空間をデザインする際にしばしば使われるのが、パーティションと呼ばれる間仕切りです。パーティションを立てることで、リフォームや工事に比べ圧倒的に低コストで自由にレイアウトを組むことができます。しかし、材質はこれまでアルミやスチールが主流でしたが、昨今は木製や段ボール製など、環境に配慮した素材のパーティションも人気です。

空間レイアウトにとって重要なアイテムであるパーティションのなかでも、木製パーティションの特性やメリット・デメリット、木製パーティションよりもさらにエコな素材として注目されている段ボールパーティションについてご紹介します。




おしゃれかつ機能的!木製パーティションの特性


木製パーティションは、ナチュラルでおしゃれな雰囲気を取り入れることができる間仕切りとして人気ですが、デザイン性以外にも特徴があります。木製パーティション独自の特性について、詳しく見ていきましょう。



温度と湿度の調整機能


木材には、熱の伝導率が低く断熱性に優れているという特性があるので、たとえ寒くても、木に触れたときにあまり冷たさを感じません。さらに、空気中の湿度が高いときには水分を吸収し、逆に低いときには水分を放出して、湿度をコントロールする働きもあります。

適度な音の吸収性


木材には完全な防音効果はありませんが、高音から低音まで各音域の吸収性が適度にあるため、快適に感じられる程よい響きを実現できます。さらに、遮音性も程よく持っているので、耳障りな音を遮断しながら中で響く音を柔らかくする働きもあります。



木製パーティションの用途別バリエーション


木製パーティションには、サイズや用途によってバリエーションが存在します。どのような使い道で木製パーティションが活用されているのか、サイズ別に詳しく見ていきましょう。

個人作業スペースに適したローパーティション


座った状態の高さ程度のローパーティションサイズは、集中して作業できるようにデスク単位で間仕切りを立てたいとき、壁までいかずとも空間を区切りたいときなどに選ばれます。オフィスの個人スペース作成や、塾などの自習室や個別指導の空間分割、応接コーナーなどに適しています。また、木製ならではのナチュラルな空間作りにも最適です。
自立式のタイプだけでなく、車輪があり簡単に移動させられるものや、デスクに直接取り付けるタイプなどがあります。

壁替わりのハイパーティション


天井まで届くハイパーティションサイズは、部屋を区切りたいが工事するまでもないとき、今後また間取りを変える可能性がありながら壁がほしいときなどに選ばれます。個人宅の間取り変更や、オフィスでの個室作りなどに最適です。

サイズは同じでも、レールを事前に引いてよりスムーズに稼働させるタイプや、上部に若干の隙間を開けることで通気性を重視するタイプなどがあります。



設置の際に気を付けること


木製パーティションを導入すること自体は難しいことではありませんが、設置にあたりいくつかの注意事項があります。トラブルにあったり後悔したりしないためにも、設置の際に気を付けることを確認しましょう。

導入場所のサイズ感・枚数の事前確認


設置する場所の寸法とパーティションの高さや幅が合っているか、注文する枚数は適切か、別途連結パーツなどが必要かどうかなど、事前によく検討しておくことが必要です。
特に自立式・置き型の間仕切りの場合は、大型の施工を頼むケースと違って、パーティションが届いた後の設置を一から素人がおこなうケースがほとんどです。だからこそ、入念に準備をしておくことが大切といえます。

空調・照明・消防設備とのバランス


天井まで完全に区切るハイパーテーションを設置する場合には、エアコンの位置、照明の明かりの場所、火災報知機の設置個所について事前に確認が必要です。パーティションを設置しようとしている部分にこれらがバッティングした場合は、導入自体ができないこともあります。空調や消防法をかんがみて欄間があいているものを選んだり、レイアウト場所を確認するなど、必ず空間全体のバランスを見ながら準備しましょう。



段ボールパーティションの特性


段ボールパーティションは、原料が紙なので環境に配慮した素材として注目されています。他にも紙製ならではの特性がありますので、詳しく見ていきましょう。


軽さと強さの両立


原料が紙でありながら、より丈夫にする構造を心材として採用することで、段ボール製とは思えない強さを実現しています。また、強度がありながらも紙製の特徴である軽さが生かされており、軽さと強さの両方を兼ね備えたパーティションといえます。

場所をとらず簡単な収納


パーティションとして利用しない時は、段ボールと同様にコンパクトにまとめることができるので、広い収納場所は必要ありません。段ボールパーティション同士の連結も簡単に取り外すことが可能なので、難しい手順もなく、スムーズに収納可能です。

リサイクル可能


パーティションに採用されている多くの材質は、廃棄物処理扱いや粗大ごみ指定がなされていたりと、処分する際に手間がかかる場合があります。しかし、段ボールパーティションが不要になった際には、資源ごみとしてリサイクルをすることが可能です。



段ボールパーティションの用途・事例


段ボールパーティションは、軽さと強さの両立やエコを叶えている反面、遮音性や防火性には優れているとはいえません。では、どのような用途に向いているのでしょうか。活用事例を通してご紹介します。

イベントブースの設営


期間限定イベントにて、出展者ごとにブースを区切る際に段ボールパーティションを活用した事例があります。ただ間仕切りとしての役割だけではなく、紙製という利点を生かして、シールでポスターを貼ったり直接書き込みをおこなうことができます。他にも、段ボールに引っ掛けられるフックを使うことで、パネルをかけて展示をすることも可能です。

案内パネル・プレートの作成


小さい自立式パーティションを入口などに置くことで、間仕切りとしてではなく案内パネルとして利用することができます。また、パーティションと同一素材を小さくカットし、パネル上に掲げるプレートを作成できます。パーティション本体よりも高めに設置できるので、掲げた名称を際立たせることも可能です。



まとめ


木製と段ボール製のパーティションは、環境に優しいという共通の特徴がありながらも、特性や向いている用途には違いがあります。材質ごとの特徴だけでなく、それぞれのメリットとデメリット、実際の活用例や注意点から総合的に検討し、導入する際の参考としてはいかがでしょうか。

検索

アーカイブ

    お気軽にお問い合わせください