BLOG

2019/10/01布製パーティションの特性を理解し上手に空間演出に利用しましょう

布製パーティションは、デザイン豊富で取り換えも容易なため、雰囲気を壊さない目隠し用パーティションとして様々な場面で活用できます。また他の材質のパーティションに比べ、私たちの生活により身近な素材のパーティションといえるでしょう。そして布という特性から、他の材質とは異なった方式の設置方法も多く、多種多様な姿で空間の演出を楽しませてくれます。

布製パーティションのメリット・デメリットを踏まえ、用途に適した素敵な空間づくりを行ないましょう。




パーティションとは


パーティションとは英語の「partition」のことを指します。「パーテーション」とも発音されることもありますが、どちらも意味は同じで衝立や間仕切りなどといった空間を分割するものを表します。
パーティションは本来、固定式や可動式に関わらず空間を分割するものを指しますが、今回は布製パーティションを取り上げ、可動式のものをメインにご紹介しましょう。



布製のパーティションのあれこれ


布製パーティションは、布の固定の方法によっていくつかの方式があり、その方法によって、空間に与える印象ががらりと変わります。具体的にどのようなものがあるかいくつか例を挙げていきましょう。


パネル方式


芯材に布をしっかりと固着したタイプのパーティションとなります。中にパーチクルボードなどの芯材があるので、他の材質のパーティションのようにブースわけがしっかりとでき、パネル面にピン止めも可能です。基本的に布部分の取り外しはできないため洗濯はできませんが、スチール製やガラス製にはない暖かな印象を与えます。

スクリーン方式


枠に布を取り付ける、被せるタイプのパーティションです。布を取り外し洗濯ができます。設置方法は、スタンドやキャスター付きのもの、アコーディオンのように何枚かのパネルを組み合わせて自立させるものがあります。特にアコーディオンタイプのものは広げて大きく使ったり、コンパクトに折り畳んで収納できるパーティションです。

吊るし方式


布を吊るすことによって、部屋を分割する布製パーティションです。日本でおなじみの暖簾タイプと天上にレールを這わせたカーテンタイプがあります。特に暖簾タイプは様々な布の材質やデザインを選べたり、比較的安価にオリジナルのデザインを注文できるので様々な店舗で利用されています。



生活の中の布製パーティション


私たちの身近でも、さまざまな場面で使われている布製パーティション。その特徴に軽く触れるとともに、生活の中での具体的な使用例の一部を紹介します。

医療機関での利用


特にポリエステル製のものは、薬品やカビに強く、クリーニングも可能なことから、衛生面で気を使わなければならない病院での使用が多くみられます。また軽量のため、目隠しとして視覚を遮る必要があるときに直ぐに移動させることができ、患者さんのプライバシーを守ることが可能です。カーテンタイプの間仕切りもベットとベットを分けるパーティションとして大活躍します。布越しですので、中の様子もわかりプライバシーと看護の両立が可能になります。

生活でなじみ深いのは暖簾タイプ


布製パーティションとして私たちの生活になじみ深いのは、吊るし方式の1つである暖簾タイプのパーティションでしょう。棒と布があれば簡単に空間を視覚的に仕切ることができ、様々な材質柄を選べるので部屋や店の雰囲気に合わせたコーディネートが可能です。



布製パーティションの特性を理解しよう


布製パーティションを選択する場合、目隠しとしての機能を求めている方が多いでしょう。視覚的に空間を分割しつつも、中の様子がわかることが布製パーティションの大きな特徴といえます。メリットとデメリットを踏まえ、布製パーティションを上手に取り入れましょう。

布製パーティションのメリット


メリット1.軽くて移動が簡単!

なんといっても布製パーティションは、軽いので移動が簡単なのが魅力です。着替えや診察、来客時の目隠しなど、ちょっとしたパーティションが欲しい場面が多い方に、便利に使えるパーティションです。また、アルミフレーム、キャスター付きを利用すればより移動がスムーズになるでしょう。

メリット2.布の部分はクリーニングができる

多くの布製パーティションは、洗濯やクリーニングが可能です。衛生面に気を使いたい医療現場や、清潔感を大切にしたい店舗などは、必要に応じてクリーニングができるため、いつも綺麗な状態で使用することができます。

メリット3.幅に合わせた調節ができ収納もコンパクト

アコーディオンタイプや折りたたみタイプの布製パーティションを選択すれば、目隠ししたい場所に合わせてある程度の幅の調節が可能です。また、目隠しが必要な場合は、広げて大きく使い、使わない場合は、縮めたり折りたたんだりしてコンパクトに収納ができます。

メリット4.様々な色や柄が選べる

布を取り換えることによって、雰囲気ががらりと変わります。布のパーティションは、色や柄が選べお好みのテイストに合わせて選ぶことが可能でしょう。


布製パーティションのデメリット


デメリット1.遮蔽性が低い

布製パーティションは基本的に目隠し要素の強い間仕切りです。部屋を完全に区切るためのものではなく、遮蔽性が低く中の様子がわかってしまうので、ブースを分けるなどの目的にはあまり適していません。

デメリット2.掲示物が取り付けられない

パネル方式以外の布製パーティションは、押しピンやテープ、マグネット等で提示物が取り付けられません。完全なブースわけも難しいため、展示会などの使用には適していません。



手軽にブースわけ!紙源の段ボールパーティション


手軽さでは、布製パーティションに引けを取らない紙源の段ボールパーティション。
軽さと強さを併せ持つ独自技術のハニカムボードパーティションは、1.6cmの厚みの段ボールでも丈夫なので、手軽でしっかりとしたブースわけが可能です。


段ボールパーティションの特徴


設置が楽々!

中空の段ボールでできているため、幅90cm高さ180cmのパーティションでスタンドの重さを含めてなんと3kg。自立式の布製パーティションよりも軽く運びやすいパーティションです。

コンパクトにたため片づけやすい

コンパクトに重ねて収納することが可能なので保管場所に困りません。さらに、必要に応じて保管サービスも利用できるため、いつも綺麗な状態で利用することができます。

コストパフォーマンスが高い

材質が段ボールなので、他の材質と比べ設置費用が低く済みます。また、保管コスト・配送コストも低く抑えられるので、出し入れが多い使用を予定している方におすすめです。

ブースをしっかり分けられる

布製パーティションと違い、しっかりとした間仕切なのでブースをきっちりと分けられます。展示会や相談会などといった、ブースの独立性が必要な場合に適しています。


まとめ


布製パーティションは、私たちの暮らしにより身近なパーティションです。目隠し要素が強く、空間を遮ることなく人の視線を遮ることができるので、完全に空間を分けたくないときに最適な素材のパーティションでしょう。デザインも豊富なため、様々なテイストのインテリアに合わせ、お好みの色柄が選べるのも魅力です。

対して、段ボールパーティションは、デザイン性には及ばないものの、設置の手軽さやコスト面に引けを取りません。空間を完全に分けたいときはむしろ段ボールパーティションのほうが適しているでしょう。


どちらも、簡易的に設置できるパーティションですが、用途に合わせ適した素材を選びましょう。

検索

アーカイブ

    お気軽にお問い合わせください