BLOG

2020/02/27ハイパーティションを実現!ハニカムボードパーティション

段ボールパーティションの特長,パーティションの活用方法,パーティションの種類



会社のエントランスや大きな会場での展示会で、大きい間仕切りがほしい!と思ったことはないでしょうか。
高さ200cmくらいまでであれば比較的選択肢も多いのですがそれ以上のサイズになると、実は規格品ではなかなか見つからないのが現状です。
しかしオーダーとなるとどうしてもコストが高くなりがちで、頭を悩ませることが多くあります。

「規格品で見つけにくい大サイズ」かつ「コストパフォーマンスに優れている」
そのような製品があったら興味を持たれるのではないでしょうか。
今回は、オーダーで作ることができる、ハニカム構造の段ボールを用いた紙源の「ハニカムボードハイパーティション」を紹介します。 



ハニカムボードパーティションとは?



株式会社紙源では、段ボールを用いたパーティション「ハニカムボードパーティション」を取り扱っており、現在、さまざまなシーンで活用されています。


強さの秘訣!ハニカム状のスキマ


ハニカムボードのハニカムとは、蜂の巣という意味です。
蜂の巣のような六角形の空間が繋がった心材を挟んだ独特構造の段ボールでできているため、強度の高い段ボールを実現しています。

軽量なパーティション


段ボール素材を用いたパーティションのため、とても軽量です。そのため、持ち運びも簡単で、大きな負担になりません。軽いことで、設置場所を変えたいという時もさっと簡単に動かすことができます。

シンプルなスタイル


紙素材でシンプルな白色であるため、あらゆるシーンに合わせやすくなっています。
また、白い色を生かし、展示・掲示物などを貼り付けるなど、工夫をしやすいことも魅力の1つと言えるでしょう。

高いコストパフォーマンス性


アルミやスチール、ガラス製のパーティションは大きいサイズになると、コストがかかります。ですが、段ボール製のパーティションは、他の素材のものに比べ低価格な点から、大型サイズや広いスペースを仕切る際に導入しやすいパーティションです。

 

ハニカムボードパーティションの特長


独自構造の段ボールを用いることで、軽さと丈夫さを両立させるパーティションです。
では、他にはどんな特長を持っているか見てみましょう。

サイズを選べて1枚からオーダーOK


既製品で理想的なサイズのものは、なかなか見つからないものです。
その点、使いやすい素材であるハニカムボードパーティションは10cm単位からサイズが選べ、1枚からオーダーすることができます。

大きいものでも収納が簡単


パーティションは金属製や木製などの重い素材を使ったものになると、小さいものでも移動が大変です。ですが、軽くて丈夫な素材のハニカムボードパーティションは、大きいものでも重ねてコンパクトに収納することができます。

手軽に作れるプライベートなスペース


ハニカムボードパーティションは、テープファスナーを使って簡単に組み合わせることができます。隙間なく並べることで、手軽にプライベートな空間を作り出すことが可能でしょう。作りたい場所にほしい形のスペースが簡単に用意できます。

処分も簡単なエコ素材


ほかの素材のパーティションは、処分の際に処分料などのコストと手間が生じます。
その点、ハニカムボードパーティションは資源ごみとして処分ができる段ボール製です。
簡単に処分が可能で、その後は段ボールの材料として再利用されます。
また、状態の良いものはリユースも可能なため、とてもエコなパーティションです。



ハイパーティションを活用しよう


ハイパーティションとは、立ち上がった際に人の目線よりも背の高いパーティションを指します。ハニカムボードパーティションは、ハイパーティションのオーダーが可能で、搬入の際に問題がなければ高さの上限はありません。

既製品のハイパーティションって?


ハイパーティションは、2つの種類にわけることができます。

欄間のあるタイプのハイパーティション

ハイパーティションは背が高く壁のような役割を果たすのが特徴ですが、天井との間にすき間のあるものがあります。その間を空気が流れるため、空調の共有がしやすいことがメリットになります。

全面密閉タイプのハイパーティション

欄間のあるものとは違い、天井とのすき間をなくしたパーティションです。欄間がない分、密閉性が保たれます。空調を共有することが難しいため、必要の応じた対応が必要になるでしょう。しかし、寒さ対策での活用など、状況に応じてメリットにもデメリットにもなります。

ハイパーティションのメリット


ハイパーティションは、人の目線よりも高いパーティションです。そのため、ブースの設置やスペースの間仕切りを行った際に、しっかりと空間を分けることができます。視線が入るストレスがないため、気密性の高い商談などにも活用できます。
また、展示なども広範囲で可能となるため、効果的な空間デザインが可能となるでしょう。


大きなサイズでも便利で使いやすい!



ハニカムボードパーティションだから叶えられる、ハイパーティションの便利なメリットを見てみましょう。

200㎝をこえるサイズもオーダーOK


使いたいシーンによって、求めるパーティションの規格はそれぞれ異なります。
紙源のハニカムボードパーティションは、大きな規格のパーティションも、オーダーで作ることができます。
「既製品はサイズが合わない」という時もハニカムボードパーティションなら、通常のサイズのパーティションから10㎝単位で大きさをオーダーが可能です。
また、設置だけでなく、運搬や搬入などの状況も考慮し納品先の安全性が確認できる場合、200㎝をこえる大きなサイズもオーダーすることができます。

大きくても軽い


ハニカム構造の段ボールは「軽くて丈夫」を両立しているため、大きいサイズでも軽量です。通常、ハイパーティションは施工工事などを要する場合がほとんどですが、ハニカムボードパーティションなら、人手を割くことなく容易に設置と撤去が可能となるでしょう。

収納サービス


ハイパーティションなどの大きなサイズの場合、設置はできても収納できない場合があるでしょう。一定期間使用しない時などは、紙源の預かりサービスを利用することができます。湿度や温度の管理された倉庫で保管するため、品質状態を保ちきれいな状態で保管することが可能になります。 


まとめ


紙源のハニカムボードパーティションは、価格も安価で求めやすく、素材も身近な段ボールで使いやすいうえ、環境にもやさしいという多くの利点があります。
細かなサイズで好みの大きさにオーダーができるため、ハイサイズのパーティションも実現できるなど、便利なパーティションです。 

ハイパーティション導入を検討しているのなら、自分に合った大きなものをオーダーできる「ハニカムボードパーティション」がおすすめです。
活用する目的を明確にし、無駄なく利用できるパーティションを見つけましょう。

検索

アーカイブ

    お気軽にお問い合わせください