BLOG

2020/02/28リースで使えるパーティションのメリット・デメリット

段ボールパーティションの特長,パーティションの活用方法,コスト削減


オフィスデザインにかかせないパーティションはリースで活用する企業が多く、導入の際、購入するかリースにするかを迷う企業も少なくありません。 


ここ数年では、どのような利点が重要かによって、リース以外のパーティション導入の方法を検討する企業が増加しています。 

リースは初期費用を抑えることができ、一定金額の支払となるため資金運用が容易となります。またレンタルとは違い、好みや必要に合わせて希望するパーティションのリースが可能で、不要の際には返却ができることで処分にこまらないなどメリットが多くあります。
その反面、途中解約ができない、契約には審査が必要など柔軟な活用が難しい点もあるでしょう。 

今回は、パーティションのリースについてと、近年、重宝され導入が増加している段ボール製のパーティション「ハニカムボードパーティション」について紹介します。 


パーティションリースのメリット



オフィスのパーティションは、リースでの導入が一般的です。レンタルより長期的な利用に向いており、低いコストでの利用が可能です。リースする際の具体的なメリットを見ていきましょう。

初期費用の節約


導入時に高額な資金を準備する必要がありません。リースは長く使う場合には損をするという考え方もありますが、一概に損とは言い切れません。
実質耐用年数を考慮した支払期間を設定できるので、常に新しいパーティションを導入することも可能であり、社内環境やイメージを維持しやすくなります。月々のリース料金が一定金額に設定され資金運用の予算が立てやすい点もメリットの一つです。

希望のパーティションをリースできる


希望のパーティションを賃貸できるため、イメージに合わない、古びているといったレンタルにありがちなトラブルとは無縁です。
オフィスのデザイン上の観点から設置する、間仕切りしたいので設置する、社員の集中力向上を狙って設置する等、よりオフィスの需要に合わせての導入が可能でしょう。

リース終了後も手軽


リース契約終了時は、パーティションをリース会社へ返却します。廃棄処理の手続きや、使用しなくなったパーティションを持ち続ける煩雑さもありません。
リース取引はリース期間定額法償却が認められており、法定耐用年数に対して短い期間設定の場合は、買取の場合と比べて早期に全額を償却することも可能です。また再リースする際にはリース代が以前の契約より安くなります。

【参考】「リース資産の償却等|国税庁」
https://www.nta.go.jp/law/joho-zeikaishaku/hojin/7081/05.htm 


パーティションリースのデメリット



オフィス環境を整える際の常套手段ともいえるパーティションリースに、デメリットはあるのでしょうか。ここでは、見過ごしがちなデメリットを確認していきます。

途中解約はできない


パーティションをリースした場合、途中解約ができないため、何らかの事情で使用しない場合でも契約期間中は料金を支払い続けなくてはなりません。
仮に途中解約をする場合、残リース料、もしくは残リース料相当額の違約金の支払いが必要になる場合が多いでしょう。

所有権はリース会社に帰属


長期間リースで使用しても、そのパーティションを所有することはできません。あくまでも所有権は、リース会社に帰属することになります。リースは初期費用の削減が可能ですが、長期的な使用の場合、借り入れをして購入を検討するほうが良いケースもあるでしょう。

リース契約は審査が必要


リース契約を結ぶためには、リース会社の審査に通らなければなりません。起業したてでリース申し込みができないなどの事情がある場合は、デメリットとなり得るでしょう。
また、保証人を探して依頼することが壁となったり、煩わしいと思われる経営者も少なくありません。

 

段ボール製パーティションがおすすめ


近年、あらゆる場所で段ボール製のパーティションを活用する企業・団体が増えてきています。
段ボール素材を用いたパーティションは、低価格で購入することができるなど多くの利点を持っています。そのため、段ボールパーティションは、初期費用を抑えることができおすすめです。

低コストで扱いやすい


段ボール製のパーティションは、アルミやガラス、スチール製など他の素材のものと比較すると低コストに抑えられます。
また、段ボールは、簡単に折りたため小さくコンパクトになります。特殊な工具がなくても、カッターやハサミで加工できる扱いやすさは、大きなメリットと言えるでしょう。

丈夫で軽い


スタンドなどで支えると自立することができ、設置・撤去作業の際も専門業者に依頼する必要なく簡単に短時間で行うことができます。
十分な強度があり丈夫で軽い、扱いやすいなどの理由から、一般家庭からオフィス、また災害発生時の避難所などでも活躍の場を広げています。

リサイクル可能でエコな資材



段ボールの原材料の90%以上は、使用済みの廃段ボールです。
段ボールは100%リサイクル可能な環境に優しい資材で、日本ではすでに高度なリサイクルシステムが確立されています。
そのため、不要になった際は、廃棄物としてではなくリサイクル可能な資源ごみとして簡単に処分することができます。 


紙源のハニカムボードパーティション


段ボール製のパーティションは、利便性が高く活用の場が広がっています。
株式会社紙源の段ボールパーティション「ハニカムボードパーティション」は、独自構造の素材を用いることで従来の段ボールパーティションより高機能な作りになっています。

特殊な段ボールパーティション


紙源のハニカムボードパーティションは、普通の段ボール製ではありません。
2枚の板紙の間に6角形の空間がつながった心材を挟んだ、独自構造の特殊な段ボールを用いています。それにより、高機能な段ボール製パーティションを実現しています。

プライバシー保護に優れた空間作り


通常のパーティションの場合、並列した際にどうしても隙間ができてしまいます。ハニカムボードパーティションは、隙間テープを使うことで、パーティション同士をぴったりつなげることが可能なため、完全に密閉した空間となります。パーティションで隙間なく間仕切ることで、半個室やプライベートな空間作りが可能となり、他のパーティションよりもプライバシー保護の優れた空間作りができるでしょう。

自在なサイズオーダーができる


既製品には欲しいサイズがない、オーダーメイドはコストがかかりすぎる、小ロットでオーダーしたいなど、様々な要望に対応できます。
特に他の素材だと難しい、大きい・高いサイズのパーティションも10cm単位でオーダーができ、2mを超えるような大型パーティションも発注が可能です。
レンタルやリユースもあり、その時のニーズに合わせて導入ができるでしょう。

【参考】「パーティションお預かりサービス」
http://www.shi-gen.net/honeycomb/price.html#keeping 


まとめ


オフィスにパーティションを導入する際、リースを検討する事が一般的でした。
リースは初期費用が抑えられ、希望のスタイルを選択できる点、処分に手間がかからないメリットがあります。その反面、途中解約ができないことや長期のリースはコストが嵩む、契約時の煩雑さなどのデメリットがあり一長一短とも言えます。 

今活躍の場を広げている段ボール製のパーティションは、扱いやすく軽くて丈夫、リサイクルできエコな素材と様々なメリットを持っています。
紙源のハニカムボードパーティションは、特殊な段ボールでできており、1枚からサイズオーダーできる利便性やユーザーの要望にきめ細かく対応できる柔軟性を兼ね備えています。ハニカムボードパーティションは、より理想に近い会社の環境作りに一役買ってくれるでしょう。

導入したいパーティションが、どのような利点を必要としているか精査し、段ボール製のパーティションの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

2020/02/27簡単に密閉空間を実現!ハニカムボードパーティションの魅力

段ボールパーティションの特長,パーティションの活用方法



オフィスに導入されるパーティションは、間仕切りや衝立として幅広く活用できる便利なアイテムです。しかし、パーティションを活用しきれていないといった企業も多いのではないでしょうか。 


パーティションは、スペースを仕切ることで空間を分け、プライベートな空間を作り出すことができます。選ぶパーティションによって、そのプライベートな空間も大きく違い、パーティションの用途が限られてしまうといったことがほとんどでしょう。

株式会社紙源の「ハニカムボードパーティション」は、自由度が高く様々な場面で活用できるパーティションです。ハニカム構造の段ボール素材を用いることで「軽くて丈夫」を両立させ、しっかりとした密閉空間を実現しています。
扱いやすい紙素材の段ボールを用いた「ハニカムボードパーティション」を活用すれば、組み合わせ次第で簡単に様々な広さの隙間のない空間を作りだすことができます。 


段ボール製のパーティションとは?



段ボール製のパーティションには、アルミや木製などの素材とは違った、様々な特徴があります。どのような特徴やメリットがあるのか紹介しましょう。

軽くて強度がある


紙でできているためとても軽く、誰でも簡単に取り扱うことができるのが特徴です。
ガラス製などと異なり倒れてしまった場合も破片が飛び散る心配がなく、小さなお子さんが居る場面でも安心して使用することができます。

低コストで導入することができる


段ボール製のパーティションは「紙」材質であるためアルミ、スチール、木製、ガラスといった他の材質と比較した場合に製品自体の価格が低く抑えられます。また、施工工事などの必要が無いため、導入コストが少なく済むことがほとんどです。空間を少し区切りたい時などに、少ない枚数から気軽に試してみることができます。

色々な使用方法がある


加工性が高く、カットすれば高さも自由に変更可能なため、オフィスや展示スペースなど幅広い用途で使用することができます。
近年では避難所でのプライバシーを確保するための間仕切り、目隠しなどとして使用される機会が増え、注目を集めています。
また、被災時では簡易ベッドや防寒具などに加工し、必要に応じてパーティションとは異なる使い方ができるのも魅力の一つです。 


ハニカムボードパーティションならではの魅力



紙源では、段ボール素材を用いた「ハニカムボードパーティション」を販売しています。
独自構造の段ボールを使用することで、通常の段ボールよりも優れた特徴を持つパーティションです。

ハニカムボードパーティションとは


ハニカムボードパーティションとは、2枚の板紙の間に六角形の空間を並べた心材を挟んだハニカム(蜂の巣)構造の段ボール素材も用いたパーティションです。
紙の特徴である軽量さを確保したまま、通常の段ボールよりも高強度を実現しています。
 

ハニカムボードパーティション活用のメリット


いろいろな素材のパーティションと比べ、ハニカムボードパーティションにはどのような良さがあるのか見てみましょう。

■施工工事の必要がない

ハニカムボードパーティションは簡単に組み立てることができ作業性が高いため、リフォームのような本格的な施工工事を行う必要がありません。とても簡単に、空間を無駄なく効率的に仕切ることが可能です。

■お好みのサイズにオーダーできる

ハニカムボードパーティションは、大小様々なサイズを10cm単位でオーダーすることができます。使用する場所の広さや作りたいブースのサイズに合わせて、納得のいくサイズに調整ができるため便利に活用できるでしょう。既成サイズでは実現できない、様々な用途で使用することができます。

■簡単に連結しプライベートな空間ができる

テープファスナーでパーティション同士を連結することで、簡単に並列することができます。角をぴったりと合わせて隙間なく繋げることができるため、視線が気にならないしっかりとした個室のようなスペースが実現できるのも魅力です。 


イベント会場で使用する際のメリット


ハニカムボードパーティションを活用することで、イベント会場ならではのいくつかの問題をクリアすることができます。

■搬入や設置が楽に行える

ハニカムボードパーティションは高さ180cm、幅120cmのサイズでも1枚あたり3.5㎏と軽量なため、多くの枚数を楽に持ち運ぶことができます。特殊な工具も使用せず組み立てられることで、設営・搬入時間の短縮が見込まれ人員コストの削減につながります。
また、他の素材と比較して軽量なことで、トラックの積載量も抑えられ輸送コスト削減にもつながるでしょう。

■省スペース

重ねて収納することができるのでかさばらず、収納スペースも他の素材と比較して少なく済むのが大きなメリットです。収納が省スペースで済むことで、余分に枚数を準備することもでき、イベント時や一定期間だけ利用する場合など、必要に応じてその場で間仕切りを増やすことも可能でしょう。

リサイクルすることができる


ガラス、プラスチック、木製、アルミ素材などのパーティションは産業廃棄物としての処理が必要なのに対し、ハニカムボードパーティションはリサイクルすることができます。
資源ゴミとして処分することで、廃棄時にかかる通常廃棄コストが低く済むという利点もあるでしょう。
リサイクルされた後は、新たな段ボールの材料として再利用されるため、環境負荷の少ない商品であるといえます。
ハニカムボードパーティションは利便性やコスト削減のみならず、限られた資源の有効活用という、社会問題解決に貢献しているパーティションです。 


隙間なく空間を仕切るメリットとは



ハニカムボードパーティションは、テープファスナーを用いて隙間なく連結することができます。しっかりと密閉された空間のよって生み出される、様々なメリットを紹介しましょう。

プライバシーの保護


ハニカムボードパーティションは、隙間なく並列するのはもちろんのこと、角もぴったりと連結することができます。それにより、繋げ方によっては四方向からの視界を遮ることができます。個室のような空間は、個人情報や気密性の高い商談、打ち合わせなどを行う際に安心です。

セキュリティ性の向上


入口付近や廊下、応接スペースなど外部の方が出入りする空間では、社内の機密情報を守る工夫が必要です。パーティションを目隠しとして設置することでセキュリティ性が向上し、個人情報を取扱う場合でも安心して業務を行うことができます。

導線の確保


展示スペースや順路を守っていただきたい場合など、導線をつくることができます。また、パーティションを隙間なく組み合わせることで余計な情報を視界からさえぎり、密閉された空間や解放された空間のメリハリをつけることができます。
組み合わせ次第では、目を引く個性的な展示スペースをデザインし造り出すことも可能でしょう。 

集中力が高まる


間から入る視線を遮ることができるため、外部の様子を気にする事なく密閉されたプライベート空間を演出することができます。周囲の様子を気にすることなく、気密性の高い心落ち着く空間を確保することができ、作業効率アップが期待できるでしょう。

空間を使い分けることができる


限りある空間を、パーティションを使い仕切ることによって視覚を分断することができ、スペースの雰囲気を変えることが可能です。
紙源のハニカムボードパーティションは、搬入さえ可能であれば高さの制限が無いため、パーティションの配置や他の展示物と組み合わせるなど、アイデア次第で雰囲気を壊さず自由自在に空間をデザインすることができます。 


まとめ


ハニカムボードパーティションを隙間なくレイアウトすることで、密閉されたクローズド空間を手軽に作りだすことができます。
また、目的に沿ったサイズオーダーをすることで目隠しとしての活用はもちろん、アイデア次第で自由自在に空間をデザインすることも可能でしょう。
 
イベントや展示会場での使用はもちろん、オフィスでの活用シーンも多岐に渡る段ボール製のパーティション「ハニカムボードパーティション」を導入してみてはいかがでしょうか。

2020/02/27ハイパーティションを実現!ハニカムボードパーティション

段ボールパーティションの特長,パーティションの活用方法,パーティションの種類



会社のエントランスや大きな会場での展示会で、大きい間仕切りがほしい!と思ったことはないでしょうか。
高さ200cmくらいまでであれば比較的選択肢も多いのですがそれ以上のサイズになると、実は規格品ではなかなか見つからないのが現状です。
しかしオーダーとなるとどうしてもコストが高くなりがちで、頭を悩ませることが多くあります。

「規格品で見つけにくい大サイズ」かつ「コストパフォーマンスに優れている」
そのような製品があったら興味を持たれるのではないでしょうか。
今回は、オーダーで作ることができる、ハニカム構造の段ボールを用いた紙源の「ハニカムボードハイパーティション」を紹介します。 



ハニカムボードパーティションとは?



株式会社紙源では、段ボールを用いたパーティション「ハニカムボードパーティション」を取り扱っており、現在、さまざまなシーンで活用されています。


強さの秘訣!ハニカム状のスキマ


ハニカムボードのハニカムとは、蜂の巣という意味です。
蜂の巣のような六角形の空間が繋がった心材を挟んだ独特構造の段ボールでできているため、強度の高い段ボールを実現しています。

軽量なパーティション


段ボール素材を用いたパーティションのため、とても軽量です。そのため、持ち運びも簡単で、大きな負担になりません。軽いことで、設置場所を変えたいという時もさっと簡単に動かすことができます。

シンプルなスタイル


紙素材でシンプルな白色であるため、あらゆるシーンに合わせやすくなっています。
また、白い色を生かし、展示・掲示物などを貼り付けるなど、工夫をしやすいことも魅力の1つと言えるでしょう。

高いコストパフォーマンス性


アルミやスチール、ガラス製のパーティションは大きいサイズになると、コストがかかります。ですが、段ボール製のパーティションは、他の素材のものに比べ低価格な点から、大型サイズや広いスペースを仕切る際に導入しやすいパーティションです。

 

ハニカムボードパーティションの特長


独自構造の段ボールを用いることで、軽さと丈夫さを両立させるパーティションです。
では、他にはどんな特長を持っているか見てみましょう。

サイズを選べて1枚からオーダーOK


既製品で理想的なサイズのものは、なかなか見つからないものです。
その点、使いやすい素材であるハニカムボードパーティションは10cm単位からサイズが選べ、1枚からオーダーすることができます。

大きいものでも収納が簡単


パーティションは金属製や木製などの重い素材を使ったものになると、小さいものでも移動が大変です。ですが、軽くて丈夫な素材のハニカムボードパーティションは、大きいものでも重ねてコンパクトに収納することができます。

手軽に作れるプライベートなスペース


ハニカムボードパーティションは、テープファスナーを使って簡単に組み合わせることができます。隙間なく並べることで、手軽にプライベートな空間を作り出すことが可能でしょう。作りたい場所にほしい形のスペースが簡単に用意できます。

処分も簡単なエコ素材


ほかの素材のパーティションは、処分の際に処分料などのコストと手間が生じます。
その点、ハニカムボードパーティションは資源ごみとして処分ができる段ボール製です。
簡単に処分が可能で、その後は段ボールの材料として再利用されます。
また、状態の良いものはリユースも可能なため、とてもエコなパーティションです。



ハイパーティションを活用しよう


ハイパーティションとは、立ち上がった際に人の目線よりも背の高いパーティションを指します。ハニカムボードパーティションは、ハイパーティションのオーダーが可能で、搬入の際に問題がなければ高さの上限はありません。

既製品のハイパーティションって?


ハイパーティションは、2つの種類にわけることができます。

欄間のあるタイプのハイパーティション

ハイパーティションは背が高く壁のような役割を果たすのが特徴ですが、天井との間にすき間のあるものがあります。その間を空気が流れるため、空調の共有がしやすいことがメリットになります。

全面密閉タイプのハイパーティション

欄間のあるものとは違い、天井とのすき間をなくしたパーティションです。欄間がない分、密閉性が保たれます。空調を共有することが難しいため、必要の応じた対応が必要になるでしょう。しかし、寒さ対策での活用など、状況に応じてメリットにもデメリットにもなります。

ハイパーティションのメリット


ハイパーティションは、人の目線よりも高いパーティションです。そのため、ブースの設置やスペースの間仕切りを行った際に、しっかりと空間を分けることができます。視線が入るストレスがないため、気密性の高い商談などにも活用できます。
また、展示なども広範囲で可能となるため、効果的な空間デザインが可能となるでしょう。


大きなサイズでも便利で使いやすい!



ハニカムボードパーティションだから叶えられる、ハイパーティションの便利なメリットを見てみましょう。

200㎝をこえるサイズもオーダーOK


使いたいシーンによって、求めるパーティションの規格はそれぞれ異なります。
紙源のハニカムボードパーティションは、大きな規格のパーティションも、オーダーで作ることができます。
「既製品はサイズが合わない」という時もハニカムボードパーティションなら、通常のサイズのパーティションから10㎝単位で大きさをオーダーが可能です。
また、設置だけでなく、運搬や搬入などの状況も考慮し納品先の安全性が確認できる場合、200㎝をこえる大きなサイズもオーダーすることができます。

大きくても軽い


ハニカム構造の段ボールは「軽くて丈夫」を両立しているため、大きいサイズでも軽量です。通常、ハイパーティションは施工工事などを要する場合がほとんどですが、ハニカムボードパーティションなら、人手を割くことなく容易に設置と撤去が可能となるでしょう。

収納サービス


ハイパーティションなどの大きなサイズの場合、設置はできても収納できない場合があるでしょう。一定期間使用しない時などは、紙源の預かりサービスを利用することができます。湿度や温度の管理された倉庫で保管するため、品質状態を保ちきれいな状態で保管することが可能になります。 


まとめ


紙源のハニカムボードパーティションは、価格も安価で求めやすく、素材も身近な段ボールで使いやすいうえ、環境にもやさしいという多くの利点があります。
細かなサイズで好みの大きさにオーダーができるため、ハイサイズのパーティションも実現できるなど、便利なパーティションです。 

ハイパーティション導入を検討しているのなら、自分に合った大きなものをオーダーできる「ハニカムボードパーティション」がおすすめです。
活用する目的を明確にし、無駄なく利用できるパーティションを見つけましょう。

検索

アーカイブ

    お気軽にお問い合わせください