BLOG

2020/02/27簡単に密閉空間を実現!ハニカムボードパーティションの魅力

段ボールパーティションの特長,パーティションの活用方法



オフィスに導入されるパーティションは、間仕切りや衝立として幅広く活用できる便利なアイテムです。しかし、パーティションを活用しきれていないといった企業も多いのではないでしょうか。 


パーティションは、スペースを仕切ることで空間を分け、プライベートな空間を作り出すことができます。選ぶパーティションによって、そのプライベートな空間も大きく違い、パーティションの用途が限られてしまうといったことがほとんどでしょう。

株式会社紙源の「ハニカムボードパーティション」は、自由度が高く様々な場面で活用できるパーティションです。ハニカム構造の段ボール素材を用いることで「軽くて丈夫」を両立させ、しっかりとした密閉空間を実現しています。
扱いやすい紙素材の段ボールを用いた「ハニカムボードパーティション」を活用すれば、組み合わせ次第で簡単に様々な広さの隙間のない空間を作りだすことができます。 


段ボール製のパーティションとは?



段ボール製のパーティションには、アルミや木製などの素材とは違った、様々な特徴があります。どのような特徴やメリットがあるのか紹介しましょう。

軽くて強度がある


紙でできているためとても軽く、誰でも簡単に取り扱うことができるのが特徴です。
ガラス製などと異なり倒れてしまった場合も破片が飛び散る心配がなく、小さなお子さんが居る場面でも安心して使用することができます。

低コストで導入することができる


段ボール製のパーティションは「紙」材質であるためアルミ、スチール、木製、ガラスといった他の材質と比較した場合に製品自体の価格が低く抑えられます。また、施工工事などの必要が無いため、導入コストが少なく済むことがほとんどです。空間を少し区切りたい時などに、少ない枚数から気軽に試してみることができます。

色々な使用方法がある


加工性が高く、カットすれば高さも自由に変更可能なため、オフィスや展示スペースなど幅広い用途で使用することができます。
近年では避難所でのプライバシーを確保するための間仕切り、目隠しなどとして使用される機会が増え、注目を集めています。
また、被災時では簡易ベッドや防寒具などに加工し、必要に応じてパーティションとは異なる使い方ができるのも魅力の一つです。 


ハニカムボードパーティションならではの魅力



紙源では、段ボール素材を用いた「ハニカムボードパーティション」を販売しています。
独自構造の段ボールを使用することで、通常の段ボールよりも優れた特徴を持つパーティションです。

ハニカムボードパーティションとは


ハニカムボードパーティションとは、2枚の板紙の間に六角形の空間を並べた心材を挟んだハニカム(蜂の巣)構造の段ボール素材も用いたパーティションです。
紙の特徴である軽量さを確保したまま、通常の段ボールよりも高強度を実現しています。
 

ハニカムボードパーティション活用のメリット


いろいろな素材のパーティションと比べ、ハニカムボードパーティションにはどのような良さがあるのか見てみましょう。

■施工工事の必要がない

ハニカムボードパーティションは簡単に組み立てることができ作業性が高いため、リフォームのような本格的な施工工事を行う必要がありません。とても簡単に、空間を無駄なく効率的に仕切ることが可能です。

■お好みのサイズにオーダーできる

ハニカムボードパーティションは、大小様々なサイズを10cm単位でオーダーすることができます。使用する場所の広さや作りたいブースのサイズに合わせて、納得のいくサイズに調整ができるため便利に活用できるでしょう。既成サイズでは実現できない、様々な用途で使用することができます。

■簡単に連結しプライベートな空間ができる

テープファスナーでパーティション同士を連結することで、簡単に並列することができます。角をぴったりと合わせて隙間なく繋げることができるため、視線が気にならないしっかりとした個室のようなスペースが実現できるのも魅力です。 


イベント会場で使用する際のメリット


ハニカムボードパーティションを活用することで、イベント会場ならではのいくつかの問題をクリアすることができます。

■搬入や設置が楽に行える

ハニカムボードパーティションは高さ180cm、幅120cmのサイズでも1枚あたり3.5㎏と軽量なため、多くの枚数を楽に持ち運ぶことができます。特殊な工具も使用せず組み立てられることで、設営・搬入時間の短縮が見込まれ人員コストの削減につながります。
また、他の素材と比較して軽量なことで、トラックの積載量も抑えられ輸送コスト削減にもつながるでしょう。

■省スペース

重ねて収納することができるのでかさばらず、収納スペースも他の素材と比較して少なく済むのが大きなメリットです。収納が省スペースで済むことで、余分に枚数を準備することもでき、イベント時や一定期間だけ利用する場合など、必要に応じてその場で間仕切りを増やすことも可能でしょう。

リサイクルすることができる


ガラス、プラスチック、木製、アルミ素材などのパーティションは産業廃棄物としての処理が必要なのに対し、ハニカムボードパーティションはリサイクルすることができます。
資源ゴミとして処分することで、廃棄時にかかる通常廃棄コストが低く済むという利点もあるでしょう。
リサイクルされた後は、新たな段ボールの材料として再利用されるため、環境負荷の少ない商品であるといえます。
ハニカムボードパーティションは利便性やコスト削減のみならず、限られた資源の有効活用という、社会問題解決に貢献しているパーティションです。 


隙間なく空間を仕切るメリットとは



ハニカムボードパーティションは、テープファスナーを用いて隙間なく連結することができます。しっかりと密閉された空間のよって生み出される、様々なメリットを紹介しましょう。

プライバシーの保護


ハニカムボードパーティションは、隙間なく並列するのはもちろんのこと、角もぴったりと連結することができます。それにより、繋げ方によっては四方向からの視界を遮ることができます。個室のような空間は、個人情報や気密性の高い商談、打ち合わせなどを行う際に安心です。

セキュリティ性の向上


入口付近や廊下、応接スペースなど外部の方が出入りする空間では、社内の機密情報を守る工夫が必要です。パーティションを目隠しとして設置することでセキュリティ性が向上し、個人情報を取扱う場合でも安心して業務を行うことができます。

導線の確保


展示スペースや順路を守っていただきたい場合など、導線をつくることができます。また、パーティションを隙間なく組み合わせることで余計な情報を視界からさえぎり、密閉された空間や解放された空間のメリハリをつけることができます。
組み合わせ次第では、目を引く個性的な展示スペースをデザインし造り出すことも可能でしょう。 

集中力が高まる


間から入る視線を遮ることができるため、外部の様子を気にする事なく密閉されたプライベート空間を演出することができます。周囲の様子を気にすることなく、気密性の高い心落ち着く空間を確保することができ、作業効率アップが期待できるでしょう。

空間を使い分けることができる


限りある空間を、パーティションを使い仕切ることによって視覚を分断することができ、スペースの雰囲気を変えることが可能です。
紙源のハニカムボードパーティションは、搬入さえ可能であれば高さの制限が無いため、パーティションの配置や他の展示物と組み合わせるなど、アイデア次第で雰囲気を壊さず自由自在に空間をデザインすることができます。 


まとめ


ハニカムボードパーティションを隙間なくレイアウトすることで、密閉されたクローズド空間を手軽に作りだすことができます。
また、目的に沿ったサイズオーダーをすることで目隠しとしての活用はもちろん、アイデア次第で自由自在に空間をデザインすることも可能でしょう。
 
イベントや展示会場での使用はもちろん、オフィスでの活用シーンも多岐に渡る段ボール製のパーティション「ハニカムボードパーティション」を導入してみてはいかがでしょうか。

2020/02/27ハイパーティションを実現!ハニカムボードパーティション

段ボールパーティションの特長,パーティションの活用方法,パーティションの種類



会社のエントランスや大きな会場での展示会で、大きい間仕切りがほしい!と思ったことはないでしょうか。
高さ200cmくらいまでであれば比較的選択肢も多いのですがそれ以上のサイズになると、実は規格品ではなかなか見つからないのが現状です。
しかしオーダーとなるとどうしてもコストが高くなりがちで、頭を悩ませることが多くあります。

「規格品で見つけにくい大サイズ」かつ「コストパフォーマンスに優れている」
そのような製品があったら興味を持たれるのではないでしょうか。
今回は、オーダーで作ることができる、ハニカム構造の段ボールを用いた紙源の「ハニカムボードハイパーティション」を紹介します。 



ハニカムボードパーティションとは?



株式会社紙源では、段ボールを用いたパーティション「ハニカムボードパーティション」を取り扱っており、現在、さまざまなシーンで活用されています。


強さの秘訣!ハニカム状のスキマ


ハニカムボードのハニカムとは、蜂の巣という意味です。
蜂の巣のような六角形の空間が繋がった心材を挟んだ独特構造の段ボールでできているため、強度の高い段ボールを実現しています。

軽量なパーティション


段ボール素材を用いたパーティションのため、とても軽量です。そのため、持ち運びも簡単で、大きな負担になりません。軽いことで、設置場所を変えたいという時もさっと簡単に動かすことができます。

シンプルなスタイル


紙素材でシンプルな白色であるため、あらゆるシーンに合わせやすくなっています。
また、白い色を生かし、展示・掲示物などを貼り付けるなど、工夫をしやすいことも魅力の1つと言えるでしょう。

高いコストパフォーマンス性


アルミやスチール、ガラス製のパーティションは大きいサイズになると、コストがかかります。ですが、段ボール製のパーティションは、他の素材のものに比べ低価格な点から、大型サイズや広いスペースを仕切る際に導入しやすいパーティションです。

 

ハニカムボードパーティションの特長


独自構造の段ボールを用いることで、軽さと丈夫さを両立させるパーティションです。
では、他にはどんな特長を持っているか見てみましょう。

サイズを選べて1枚からオーダーOK


既製品で理想的なサイズのものは、なかなか見つからないものです。
その点、使いやすい素材であるハニカムボードパーティションは10cm単位からサイズが選べ、1枚からオーダーすることができます。

大きいものでも収納が簡単


パーティションは金属製や木製などの重い素材を使ったものになると、小さいものでも移動が大変です。ですが、軽くて丈夫な素材のハニカムボードパーティションは、大きいものでも重ねてコンパクトに収納することができます。

手軽に作れるプライベートなスペース


ハニカムボードパーティションは、テープファスナーを使って簡単に組み合わせることができます。隙間なく並べることで、手軽にプライベートな空間を作り出すことが可能でしょう。作りたい場所にほしい形のスペースが簡単に用意できます。

処分も簡単なエコ素材


ほかの素材のパーティションは、処分の際に処分料などのコストと手間が生じます。
その点、ハニカムボードパーティションは資源ごみとして処分ができる段ボール製です。
簡単に処分が可能で、その後は段ボールの材料として再利用されます。
また、状態の良いものはリユースも可能なため、とてもエコなパーティションです。



ハイパーティションを活用しよう


ハイパーティションとは、立ち上がった際に人の目線よりも背の高いパーティションを指します。ハニカムボードパーティションは、ハイパーティションのオーダーが可能で、搬入の際に問題がなければ高さの上限はありません。

既製品のハイパーティションって?


ハイパーティションは、2つの種類にわけることができます。

欄間のあるタイプのハイパーティション

ハイパーティションは背が高く壁のような役割を果たすのが特徴ですが、天井との間にすき間のあるものがあります。その間を空気が流れるため、空調の共有がしやすいことがメリットになります。

全面密閉タイプのハイパーティション

欄間のあるものとは違い、天井とのすき間をなくしたパーティションです。欄間がない分、密閉性が保たれます。空調を共有することが難しいため、必要の応じた対応が必要になるでしょう。しかし、寒さ対策での活用など、状況に応じてメリットにもデメリットにもなります。

ハイパーティションのメリット


ハイパーティションは、人の目線よりも高いパーティションです。そのため、ブースの設置やスペースの間仕切りを行った際に、しっかりと空間を分けることができます。視線が入るストレスがないため、気密性の高い商談などにも活用できます。
また、展示なども広範囲で可能となるため、効果的な空間デザインが可能となるでしょう。


大きなサイズでも便利で使いやすい!



ハニカムボードパーティションだから叶えられる、ハイパーティションの便利なメリットを見てみましょう。

200㎝をこえるサイズもオーダーOK


使いたいシーンによって、求めるパーティションの規格はそれぞれ異なります。
紙源のハニカムボードパーティションは、大きな規格のパーティションも、オーダーで作ることができます。
「既製品はサイズが合わない」という時もハニカムボードパーティションなら、通常のサイズのパーティションから10㎝単位で大きさをオーダーが可能です。
また、設置だけでなく、運搬や搬入などの状況も考慮し納品先の安全性が確認できる場合、200㎝をこえる大きなサイズもオーダーすることができます。

大きくても軽い


ハニカム構造の段ボールは「軽くて丈夫」を両立しているため、大きいサイズでも軽量です。通常、ハイパーティションは施工工事などを要する場合がほとんどですが、ハニカムボードパーティションなら、人手を割くことなく容易に設置と撤去が可能となるでしょう。

収納サービス


ハイパーティションなどの大きなサイズの場合、設置はできても収納できない場合があるでしょう。一定期間使用しない時などは、紙源の預かりサービスを利用することができます。湿度や温度の管理された倉庫で保管するため、品質状態を保ちきれいな状態で保管することが可能になります。 


まとめ


紙源のハニカムボードパーティションは、価格も安価で求めやすく、素材も身近な段ボールで使いやすいうえ、環境にもやさしいという多くの利点があります。
細かなサイズで好みの大きさにオーダーができるため、ハイサイズのパーティションも実現できるなど、便利なパーティションです。 

ハイパーティション導入を検討しているのなら、自分に合った大きなものをオーダーできる「ハニカムボードパーティション」がおすすめです。
活用する目的を明確にし、無駄なく利用できるパーティションを見つけましょう。

2020/02/25布製パーティションの特性を理解し上手に空間演出に利用しましょう

パーティションの種類,パーティションの活用方法,段ボールパーティションの特長



布製パーティションは、デザイン豊富で取り換えも容易なため、雰囲気を壊さない目隠し用パーティションとして様々な場面で活用できます。また他の材質のパーティションに比べ、私たちの生活により身近な素材のパーティションといえるでしょう。そして布という特性から、他の材質とは異なった方式の設置方法も多く、多種多様な姿で空間の演出を楽しませてくれます。

布製パーティションのメリット・デメリットを踏まえ、用途に適した素敵な空間づくりを行ないましょう。


布製のパーティションのあれこれ



布製パーティションは、布の固定の方法によっていくつかの方式があり、その方法によって、空間に与える印象ががらりと変わります。具体的にどのようなものがあるかいくつか例を挙げていきましょう。


パネル方式


芯材に布をしっかりと固着したタイプのパーティションとなります。中にパーチクルボードなどの芯材があるので、他の材質のパーティションのようにブースわけがしっかりとでき、パネル面にピン止めも可能です。基本的に布部分の取り外しはできないため洗濯はできませんが、スチール製やガラス製にはない暖かな印象を与えます。

スクリーン方式


枠に布を取り付ける、被せるタイプのパーティションです。布を取り外し洗濯ができます。設置方法は、スタンドやキャスター付きのもの、アコーディオンのように何枚かのパネルを組み合わせて自立させるものがあります。特にアコーディオンタイプのものは広げて大きく使ったり、コンパクトに折り畳んで収納できるパーティションです。

吊るし方式


布を吊るすことによって、部屋を分割する布製パーティションです。日本でおなじみの暖簾タイプと天上にレールを這わせたカーテンタイプがあります。特に暖簾タイプは様々な布の材質やデザインを選べたり、比較的安価にオリジナルのデザインを注文できるので様々な店舗で利用されています。


布製パーティションの特性を理解しよう



布製パーティションを選択する場合、目隠しとしての機能を求めている方が多いでしょう。視覚的に空間を分割しつつも、中の様子がわかることが布製パーティションの大きな特徴といえます。メリットとデメリットを踏まえ、布製パーティションを上手に取り入れましょう。

布製パーティションのメリット


メリット1.軽くて移動が簡単!

軽いので移動が簡単なのが魅力です。着替えや診察、来客時の目隠しなどちょっとした場面で、便利に使えるパーティションです。また、アルミフレームやキャスター付きを利用すればより移動がスムーズになるでしょう。

メリット2.布の部分はクリーニングができる

多くの布製パーティションは、クリーニングが可能です。衛生面に気を使いたい医療現場や、清潔感を大切にしたい店舗などは、必要に応じてクリーニングができるため、清潔な状態で使用できるでしょう。

メリット3.幅に合わせた調節ができ収納もコンパクト

アコーディオンタイプや折りたたみタイプの布製パーティションでは、目隠ししたい場所に合わせてある程度の幅の調節が可能です。また、使用する際は広げて大きく使い、使わない場合はコンパクトに収納ができます。

メリット4.様々な色や柄が選べる

布を取り換えることで、雰囲気ががらりと変わります。布のパーティションは、色や柄をお好みのテイストに合わせて選ぶことが可能でしょう。


布製パーティションのデメリット


デメリット1.遮蔽性が低い

布製パーティションは、基本的に目隠し要素の強い間仕切りです。
部屋を完全に区切るためのものではなく、遮蔽性が低く中の様子がわかってしまうので、ブースを分けるなどの目的にはあまり適していません。


デメリット2.設置の準備や工事が必要

レールを使用し天井に吊るすタイプのパーティションは、使用する場所を決定めレールを設置する作業が必要になります。設置するタイプやサイズによっては、専門の業者へ依頼する必要があるでしょう。

デメリット3.移動ができない

レールやカーテン式の場合、設置場所が限定され、必要に応じて簡易的に移動させることができません。使用する場所を決めたら、その範囲以外へ動かすことができないため、使用するか、使用せず収納しておくかのどちらかになります。

デメリット4.掲示物が取り付けられない

パネル方式以外の布製パーティションは、押しピンやテープ、マグネット等で提示物が取り付けられません。完全なブースわけも難しいため、展示会などの使用には適していません。


手軽にブースわけ!紙源の段ボールパーティション



手軽さでは、布製パーティションに引けを取らない紙源の段ボールパーティション。

軽さと強さを併せ持つ独自技術のハニカムボードパーティションは、1.6cmの厚みの段ボールでも丈夫なので、手軽でしっかりとしたブースわけが可能です。

段ボールパーティションの特徴


ブースをしっかり分けられる

布製パーティションと違い、スタンド式のしっかりとした間仕切なのでブースをきっちり分けることが可能です。テープファスナーで簡単に連結し、隙間なく設置することができるため、展示会や相談会などブースの独立性や密閉性が必要な場合に適しているでしょう。角をきれいに合わせたり、床や天井との隙間を少なくし設置ができるなど、個室のようにしっかりとしたプライベートな空間を実現できます。

設置が楽々!

中空の段ボールでできているため、幅90cm高さ180cmのパーティションで、スタンドの重さを含めてなんと3kg。自立式の布製パーティションよりも軽く運びやすいパーティションです。
アルミやスチール製のパーティションなど、自立性と気密性の高い他のパーティションと比べ、搬送や設置が楽に行うことができるでしょう。

コンパクトにたため片づけやすい

軽量な段ボールは設置するだけでなく、片づけることも容易にできます。自立式でしっかりとした強度を保ちつつ、紙製なので薄くて軽く、扱いやすいパーティションです。
保管の際も、コンパクトに重ねて収納することが可能なため、保管場所に困りません。
さらに、必要に応じて保管サービスも利用できるため、いつも綺麗な状態で利用することができます。

リサイクルできるエコ素材

日本の段ボールのリサイクル率は、95%を誇ります。段ボール製のパーティションは、不要になった際の処分は資源ゴミとしてリサイクルが可能です。
また、段ボールは廃段ボールを再利用し、新しい段ボールへ生まれ変わらせて再利用できることから、エコで循環型のパーティションと言えます。

コストパフォーマンスが高い

材質が段ボールなので、他の材質と比べ設置費用を抑えることができます。また、必要に応じて様々なサイズにオーダーができるため、最適なサイズのパーティションを低コストで用意することができるでしょう。
さらに、軽量な点や自立スタンド式の簡易性のパーティションのため、搬送・搬入作業や大がかりな設置工事も必要ありません。設置や配送コストも低く抑えられるため、出し入れが多い使用を予定している方におすすめです。


まとめ


布製パーティションは、私たちの暮らしにより身近なパーティションです。目隠し要素が強く、空間を遮ることなく人の視線を遮ることができるので、完全に空間を分けたくないときに最適な素材のパーティションでしょう。デザインも豊富なため、様々なテイストのインテリアに合わせ、お好みの色柄が選べるのも魅力です。

対して、段ボール製のパーティションは、布製と同じように簡易的であるにも関わらず、しっかりとした個室に近いブース分けが可能となり、プライベートな空間を実現することができます。また、使用している素材の特徴として、設置の手軽さやコスト面に大きな魅力があると言えるでしょう。空間を完全に分けたいときは、段ボールパーティションを使用するのがおすすめです。

どちらも、簡易的に設置できるパーティションですが、用途に合わせ適した素材を選びましょう。

検索

アーカイブ

    お気軽にお問い合わせください